AR# 62240

|

2014.3 インストール - Ubuntu に sudo 権限を使用して通常ユーザーとしてインストールすると、Vivado の実行で「Error: Failed to save the Vivado user preferences file. Reason: '/home/user/.Xilinx/Vivado/2014.3/vivado.ini (Permission denied)'」というエラー メッセージが表示される

説明

Ubuntu に sudo 権限を使用してインストールすると、ほとんどのインストール ファイルはインストール ディレクトリに書き込まれます。

しかし、隠し .Xilinx ディレクトリには、ルートとして作成された通常ユーザーのホーム ディレクトリのファイルが含まれているため、アクセスできません。

そのため、これらのファイルの所有権を手動で変更しない限り、Vivado を正しく実行できません。

Error: Failed to save the Vivado user preferences file. Reason: '/home/user/.Xilinx/Vivado/2014.3/vivado.ini (Permission denied)'

ソリューション

この問題を回避するには、インストール ディレクトリで chmod 777 を実行します。

  1. ターミナルを開きます。
  2. 隠し .Xilinx フォルダーにディレクトリを変更します。
  3. サブフォルダーの /Vivado に変更します。
  4. 次のコマンドを実行します。
  • sudo chown R <user_name> *
  • sudo chmod R 777 *
  • sudo chgrp R <user_name> *


注記 : ルート権限は、ケーブル ドライバーをインストールする目的でのみ必要となります。

Vivado 2015.1 では、ケーブル ドライバー インストールがメインの Vivado インストールから削除されており、Vivado 2015.1 およびそれ以降のバージョンについてはルートとしてのインストールは推奨されていません。

AR# 62240
日付 05/26/2015
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール
People Also Viewed