UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 62240

2014.3 インストール - Ubuntu に sudo 権限を使用して通常ユーザーとしてインストールすると、Vivado の実行で「Error: Failed to save the Vivado user preferences file. Reason: '/home/user/.Xilinx/Vivado/2014.3/vivado.ini (Permission denied)'」というエラー メッセージが表示される

説明

Ubuntu に sudo 権限を使用してインストールすると、ほとんどのインストール ファイルはインストール ディレクトリに書き込まれます。

しかし、隠し .Xilinx ディレクトリには、ルートとして作成された通常ユーザーのホーム ディレクトリのファイルが含まれているため、アクセスできません。

そのため、これらのファイルの所有権を手動で変更しない限り、Vivado を正しく実行できません。

Error: Failed to save the Vivado user preferences file. Reason: '/home/user/.Xilinx/Vivado/2014.3/vivado.ini (Permission denied)'

ソリューション

この問題を回避するには、インストール ディレクトリで chmod 777 を実行します。

  1. ターミナルを開きます。
  2. 隠し .Xilinx フォルダーにディレクトリを変更します。
  3. サブフォルダーの /Vivado に変更します。
  4. 次のコマンドを実行します。
  • sudo chown R <user_name> *
  • sudo chmod R 777 *
  • sudo chgrp R <user_name> *


注記 : ルート権限は、ケーブル ドライバーをインストールする目的でのみ必要となります。

Vivado 2015.1 では、ケーブル ドライバー インストールがメインの Vivado インストールから削除されており、Vivado 2015.1 およびそれ以降のバージョンについてはルートとしてのインストールは推奨されていません。

AR# 62240
日付 05/26/2015
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール
このページをブックマークに追加