AR# 62543

MIG UltraScale - 一部のスピード グレードで以前は使用できていた入力周期が間違って使用できなくなっている

説明

問題の発生したバージョン : MIG UltraScale v6.0
修正バージョン : (ザイリンクス アンサー 58435)

(PG150) にあるクロッキング要件はすべて満たされているのに、以前は使用できていた入力クロック周期が MIG GUI のリストにありません。

この動作は MIG UltraScale 6.0 で変更になっていますが、同じデータ レートをターゲットにした異なるスピード グレードで入力クロック要件が異なるはずはないので間違っています。
 

ソリューション

この問題を回避するには、次の MIG IP コアのパラメーターを <mig_core_name>_mig.sv でアップデートする必要があります。

    parameter         CLKIN_PERIOD          = 13328,

    parameter         CLKFBOUT_MULT      = 16,        // write MMCM VCO multiplier

    parameter         DIVCLK_DIVIDE         = 1,        // write MMCM VCO divisor

    parameter         CLKOUT0_DIVIDE      = 4,        // VCO output divisor for MMCM clkout0

    parameter         CLKOUT1_DIVIDE      = 4,

    parameter         CLKOUT2_DIVIDE      = 4,

    parameter         CLKOUT3_DIVIDE      = 4,

    parameter         CLKOUT4_DIVIDE      = 4,

注記 : Vivado での IP コアのソースの変更方法については、 (ザイリンクス アンサー 57546) を参照してください。


必要なパラメーター変更値を決めるには、IP カタログの Clocking Wizard ウィザードを使用して、MULT/DIVIDE 値を決めます。

または、別のスピード グレードにターゲットを変更して、必要な入力クロックを生成し、そのパラメーター値をコピーします。


改訂履歴

2014/11/06 - 初版

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
58435 MIG UltraScale - IP Release Notes and Known Issues for Vivado 2014.1 and newer tool versions N/A N/A
AR# 62543
日付 12/03/2014
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
デバイス
ツール
IP