UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 64007

LogiCORE IP SMPTE UHD-SDI - 12G-SDI に対応するように 3 シリコンの KC705 で MGTAVCC を 1.05V に調整する方法

説明

12G-SDI に対応するように 3 シリコンの KC705 で MGTAVCC を 1.05V に調整する方法を教えてください。

KC705 では、MGTAVCC 電圧レールが 1.00V に設定されますが、12G-SDI 操作に対しては MGTAVCC を 1.05V +/-0.03V にする必要があります。

これは、MGTAVCC に対するデータシート要件です。

データシート要件は、QPLL の周波数に基づいています。

QPLL 周波数が 10.3125GHz を超えている場合、MGTAVCC は 1.05V にする必要があります。

10.3125GHz 以下の場合は、すべての SDI モードで機能するように、MGTAVCC を 1.00V にすることが推奨されています (ただし、最大 1.08V まで設定可能)。

ソリューション

KC705 ボードをアップデートするには、TI 社の USB-TO-GPIO プログラミング ポッド (有償) および TI 社の FUSION_DIGITAL_POWER_DESIGNER ソフトウェア (無償) を入手し、プログラマブル MGTAVCC 電圧レールを 1.05V に調整する必要があります。


  1. Fusion Digital Power Designer Online プログラムを開きます。
  2. GUI の中央にある [Select Rail to Edit] ペインで、[UCD9248 @ 53d Rail 3] を選択します。
  3. GUI の右上にある [UCD9248 @ 53d - Rail #3] ペインで、[Vout] の値をデフォルトの 1.000V から 1.050V に変更します。
  4. GUI の左上角にある [Write to Hardware] ボタンをクリックします。


注記 : これにより、出力電圧が一時的に 1.05V に再設定され、上書きまたはパワーオフされるまでこの状態になります。

この設定を恒久的にするには、上記の手順を完了した後、GUI の左上角にある [Store RAM To Flash] ボタンをクリックする必要があります。

これで、MTGAVCC はスタートアップ時に常に 1.05V になります。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54547 LogiCORE IP SMPTE UHD-SDI - Vivado 2015.1 バージョン以降のリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 64007
日付 06/10/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
IP
  • SMPTE UHD-SDI
このページをブックマークに追加