UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 64139

シミュレーション エラーの対処法

説明

シミュレーションを実行していてエラーが発生すると、それに対してどう対処すればよいのかわからないことがあります。 

問題をデバッグするには、Tcl コンソールや Vivado のログの情報では不十分な場合があります。

 

ソリューション

シミュレーション エラーが発生した場合に、すぐ確認すべき点について説明します。


Vivado シミュレータの任意段階でシミュレーション エラーが発生したらすぐに、シミュレーション実行ディレクトリを確認してください。ディレクトリは次のような場所にあります。

<project_directory>\<project_name>.sim\sim_1\<sim_stage>

(sim_stage は behav、synth、または impl になります)

エラーに関して確認すべきファイルが 3 つあります。

そのファイルは次のとおりです。

  • compile.log - これは xvhdl および xvlog のログ ファイルで、コンパイル段階のエラーが含まれています。
  • elaborate.log - これは xelab のログ ファイルで、エラボレーション段階のエラーが含まれています。
  • simulate.log - これは sim のログ ファイルで、シミュレーション段階のエラーが含まれています。

これらのファイルにエラーが場合は、修正するようにしてください。

アシスタントが必要な場合は、ウェブケースを開き、テストケースおよびログ ファイルを送ってください。またはザイリンクス フォーラムに投稿してください。

AR# 64139
日付 04/14/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
このページをブックマークに追加