AR# 64275

Zynq-7000 SoC: セキュア モードでブートする場合に JTAG をイネーブルにする方法

説明

Zynq をセキュア モードでブートすると、JTAG はデフォルトでディスエーブルになります。 

UG585 では JTAG をオンに戻すことができると記載されていますが、これはどのようにすればいいですか。

ソリューション

JTAG をディスエーブルにする eFuse がプログラム (ブロー) されていないと仮定して (XSK_EFUSEPL_DISABLE_JTAG_CHAIN)、JTAG を再びイネーブルにするレジスタ設定を次に示します。
 

  • devcfg.CTRL{DAP_EN}  = 1 
  • devcfg.CTRL{DBGEN}  = 1 
  • devcfg.CTRL{NIDEN}  = 1 
  • devcfg.CTRL{JTAG_CHAIN_DIS}  = 0 
 

JTAG を再度イネーブルにするには、FSBL に次のコードを追加します。

                u32 reg_addr, reg_data;
 

                //xil_printf("enable jtag dap \r\n");

                /* DEVCFG CTRL enable DAP*/

                reg_addr = 0xF8007000 + 0x00;

                reg_data = Xil_In32 (reg_addr);

                reg_data |= 0x7F; /* DAP enable */

                reg_data &= ~(0x00800000); /* JTAG CHAIN DIS */

                Xil_Out32 (reg_addr, reg_data);

AR# 64275
日付 06/13/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス