AR# 65479

JESD204B - QuestaSim を使用しているときにシングル レーンの JESD204 転送サンプル デザインをシミュレーションするとタイムアウトする

説明

QuestaSim を使用してシングル レーンの転送コンフィギュレーション サンプル デザインでシミュレーションを実行すると、Asserting Sync (同期のアサート) でのシミュレーション タイムアウトを含む問題が発生します。

これは、vopt ステップ中にデザインを最適化する QuestaSim での問題が原因で発生します。

このアンサー レコードは、QuestaSim 10.4b およびそれ以降のバージョンを対象としています。

ソリューション

QuestaSim が起動したら、トランスクリプト ウィンドウで次のコマンドを入力し、ライブラリを再度最適化してシミュレーションを再開します。

1) 7 シリーズの場合はコマンド a)、UltraScale の場合はコマンド b) を使用します。

a)

vopt +acc -noprotectopt -L unisims_ver -L unimacro_ver -L secureip -L jesd204_v6_2_0 -L xil_defaultlib -L jesd204_phy_v3_0_0 -work xil_defaultlib xil_defaultlib.demo_tb xil_defaultlib.glbl -o demo_tb_opt

b)

vopt +acc -noprotectopt -L unisims_ver -L unimacro_ver -L secureip -L jesd204_v6_2_0 -L xil_defaultlib -L jesd204_phy_v3_0_0 -L gtwizard_ultrascale_v1_6_0 -work xil_defaultlib xil_defaultlib.demo_tb xil_defaultlib.glbl -o demo_tb_opt

2)

restart

3)

run -all

コマンド a) および b) は、使用しているソフトウェア バージョン、コア バージョン、PHY バージョン、および GT ウィザード バージョンを反映するように、次のとおりにアップデートする必要があります。

Vivado のバージョンJESD204B コアのバージョンJESD204 PHY のバージョンGT Wizard の設定 (UltraScale)

2015.3 

jesd204_v6_2_0jesd204_phy_v2_0_2gtwizard_ultrascale_v1_6_0
2015.4jesd204_v6_2_1jesd204_phy_v3_0_0gtwizard_ultrascale_v1_6_1
2016.1jesd204_v7_0jesd204_phy_v3_1_0gtwizard_ultrascale_v1_6_2
2016.2jesd204_v7_0_1jesd204_phy_v3_1_1gtwizard_ultrascale_v1_6_3
2016.3jesd204_v7_1jesd204_phy_v3_2_0gtwizard_ultrascale_v1_6_4
2016.4*jesd204_v7_1_1jesd204_phy_v3_2_1gtwizard_ultrascale_v1_6_5
2017.1*jesd204_v7_1_2jesd204_phy_v3_3_0gtwizard_ultrascale_v1_6_6
2017.2*jesd204_v7_1_3jesd204_phy_v3_4_0gtwizard_ultrascale_v1_7_0

 

* Vivado 2016.4 以降のデザインでは、すべての CDC ロジックに対して XPM ライブラリが使用されます。 

このため、-L secureip の後に -L xpm オプションを追加する必要があります。

たとえば、2016.4 の UltraScale の場合は、次のように追加します。

vopt +acc -noprotectopt -L unisims_ver -L unimacro_ver -L secureip -L xpm -L jesd204_v7_1_1 -L xil_defaultlib -L jesd204_phy_v3_2_1 -L gtwizard_ultrascale_v1_6_5 -work xil_defaultlib xil_defaultlib.demo_tb xil_defaultlib.glbl -o demo_tb_opt

 

Vivado の [Simulation Settings] の [Elaboration] タブに -noprotectopt を追加する方法もあります。


 


アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
54480 LogiCORE IP JESD204 - Vivado 2013.1 およびそれ以降のバージョンのリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A

関連アンサー レコード

AR# 65479
日付 07/10/2017
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール 詳細 概略
IP