UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 65939

線形代数ライブラリをターゲットとする場合に std::complex ではなく use x_complex を使用する理由

説明

線形代数ライブラリをターゲットとする場合に std::complex ではなく use x_complex を使用するのはなぜですか。

std::complex 型を使用するとビット幅が狭くなるので、こちらの方が良いオプションなのではないかと思います。

ソリューション

線形代数ライブラリは、2013.x の設計時に最初に記述されました。 

その時点では、std::complex コンストラクターを使用した場合に VHLS ツールでスケジューリングの問題が発生していました。 

x_complex が使用されたのはそのためです。 

x_complex はハードウェア リソース マップ用に最適化されています。

std::complex は VHLS で適切に機能しますが (DSP ライブラリ関数など)、線形代数ライブラリは std::complex を使用するようアップデートされていません。

AR# 65939
日付 11/11/2015
ステータス アクティブ
種類 一般
ツール
  • Vivado Design Suite - 2015.3
このページをブックマークに追加