AR# 66218

Zynq UltraScale+ MPSoC Processing System IP - psu_int.c と psu_init.tcl 間に違いがあるため、psu_init フローが機能しない

説明

LPD ブロック、LPD IOU、および FPD ブロック レベル (afi_fm5_reset afi_fm4_reset afi_fm3_reset afi_fm2_reset afi_fm1_reset afi_fm0_reset) のソフトウェア制御リセット レジスタをディアサートするコンフィギュレーション/エントリが psu_init.tcl にありません。

psu_int.c (fsbl) にはこれらのエントリが含まれていません。

その結果、デザインでこれらのブロックが使用されていると、psu_init.tcl フローが機能しません。

例 : PS-PL インターフェイス

ソリューション

この問題は 2016.1 で修正される予定です。

回避策 :

  1. Tcl フローではなく FSBL を使用してください。
  2. 次の手順に従って psu_init.tcl を手動で更新してください (DDR システムではない場合に適用可)。
    1. SDK ワークスペースの HW プラットフォーム フォルダーにある psu_init.tcl ファイルを開き、psu_init proc を検索します。
    2. これを次のコードで置き換えます。

         proc psu_init {} {
           variable psu_mio_init_data 
           variable psu_pll_init_data
           variable psu_clock_init_data
           variable psu_peripherals_init_data
           variable psu_resetin_init_data
           variable psu_resetout_init_data
           variable psu_serdes_init_data
           variable psu_resetin_init_data
           variable psu_peripherals_powerdwn_data
           variable psu_security_data
           # psu_ddr_phybringup_data
          init_ps [subst {$psu_mio_init_data $psu_pll_init_data $psu_clock_init_data }]
          init_ps [subst {$psu_peripherals_init_data $psu_resetin_init_data }]
          init_serdes
          init_ps [subst {$psu_serdes_init_data $psu_resetout_init_data }]
          init_peripheral 
          init_ps [subst {$psu_peripherals_powerdwn_data $psu_security_data }]
      }

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
66183 Zynq UltraScale+ MPSoC Processing System IP - リリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 66218
日付 01/12/2016
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
IP