AR# 66285

Vivado IP フロー - 「Cannot stop MicroBlaze. Stalled on instruction fetch」という XSDB メッセージが表示される

説明

リセット ベクター ロケーションがデフォルトに設定されているビット ファイルを使用してデバイスをプログラムした場合、MicroBlaze は制御され、.elf ファイルのダウンロードを進めることができます。

リセット ベクター ロケーションがデフォルト以外に設定されているビット ファイルを使用してデバイスをプログラムした場合、MicroBlaze は実行されますが、プロセッサを停止しようとすると次のような XSDB メッセージが表示されます。

xsdb% state
running
xsdb% stop
Cannot stop MicroBlaze.Stalled on instruction fetch

ソリューション

MicroBlaze でデフォルト以外のリセット ベクター ロケーションを使用した場合 (たとえば、リセット ベクターが 0x0003_0000 に設定された UART ペリフェラルが MicroBlaze デザインに含まれている)、bootloop_le.elf ファイルによってリセット ベクターが適宜入力されます。

しかし、MicroBlaze デザインに対するビットストリームの BRAM INIT 文字列を再配置可能なベクターとマージしても、オフセット アドレスは処理されません。

MMI の使用が、推奨されるフローです。

AR# 66285
日付 12/02/2016
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
ツール