AR# 68153

2016.3 - HDMI Receiver Subsystem、Software Driver v3.0 - HDMI Receiver Subsystem Software Driver v3.0 のパッチ

説明

このアンサーには、2016.3 リリースに含まれる LogiCORE HDMI Receiver Subsystem Software Driver v3.0 のパッチ アップデートが含まれています。

ソリューション

このパッチは、Vivado 2016.3 の LogiCORE HDMI Receiver Subsystem Software Driver v3.0 における問題を修正します。

(Xilinx Answer 68138) 解像度が 4K でカスタム解像度として認識されるときにフレーム レートが誤って 15 FPS (フレーム/秒) と検出されてしまう


このパッチの修正は、Vivado 2016.4 にも含まれます。このパッチが必要な場合は、Vivado 2016.4 以降にアップデートすることをお勧めします。

LogiCORE HDMI Receiver Subsystem Software Driver v3.0 をダウンロードするには、このアンサーの最後にある ar68153_hdmi_receiver_subsystem_sw_v3_0_2016_3_2016-11-01.zip へのリンクをクリックしてください。

ザイリンクス SDK でのこのドライバーの使用については、(Xilinx Answer 32309) を参照してください。

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
ar68153_hdmi_receiver_subsystem_sw_v3_0_2016_3_2016-11-01.zip 287 KB ZIP
AR# 68153
日付 11/17/2016
ステータス アクティブ
種類 一般
IP