UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 68369

2016.4 Vivado IP リリース ノート - すべての IP 変更ログ情報

説明

このアンサーは、Vivado 2016.4 での IP 変更をすべて 1 つにまとめたもので、Vivado Design Suite をインストールする前にすべての IP 変更をここで確認できます。

ソリューション

(c) Copyright 2016 Xilinx, Inc. All rights reserved.

This file contains confidential and proprietary information of Xilinx, Inc. and is protected under U.S. and international copyright and other intellectual property laws.

DISCLAIMER

This disclaimer is not a license and does not grant any rights to the materials distributed herewith.Except asotherwise provided in a valid license issued to you byXilinx, and to the maximum extent permitted by applicablelaw: (1) THESE MATERIALS ARE MADE AVAILABLE "AS IS" ANDWITH ALL FAULTS, AND XILINX HEREBY DISCLAIMS ALL WARRANTIESAND CONDITIONS, EXPRESS, IMPLIED, OR STATUTORY, INCLUDINGBUT NOT LIMITED TO WARRANTIES OF MERCHANTABILITY, NON-INFRINGEMENT, OR FITNESS FOR ANY PARTICULAR PURPOSE; and(2) Xilinx shall not be liable (whether in contract or tort,including negligence, or under any other theory ofliability) for any loss or damage of any kind or naturerelated to, arising under or in connection with thesematerials, including for any direct, or any indirect,special, incidental, or consequential loss or damage(including loss of data, profits, goodwill, or any type ofloss or damage suffered as a result of any action broughtby a third party) even if such damage or loss wasreasonably foreseeable or Xilinx had been advised of thepossibility of the same.

CRITICAL APPLICATIONS

Xilinx products are not designed or intended to be fail-safe, or for use in any application requiring fail-safe performance, such as life-support or safety devices or systems, Class III medical devices, nuclear facilities, applications related to the deployment of airbags, or any other applications that could lead to death, personal injury, or severe property or environmental damage (individually and collectively, "Critical Applications").Customer assumes the sole risk and liability of any use of Xilinx products in Critical Applications, subject only to applicable laws and regulations governing limitations on product liability.

THIS COPYRIGHT NOTICE AND DISCLAIMER MUST BE RETAINED ASPART OF THIS FILE AT ALL TIMES.

10G Ethernet MAC (15.1)

*バージョン 15.1 (Rev. 2)

*変更なし

10G Ethernet PCS/PMA (10GBASE-R/KR) (6.0)

*バージョン 6.0 (Rev. 7)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

10G Ethernet Subsystem (3.1)

*バージョン 3.1 (Rev. 3)

*一般: このコアのサブコアの変更に関しては、ten_gig_eth_mac_v15_1 および ten_gig_eth_pcs_pma_v6_0 のコア変更ログを参照。

*一般: 機能上の変更はなし。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

10G/25G Ethernet Subsystem (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 1)

*機能改善: GTWIZ ユーザー ガイドの推奨事項に従って QPLL リセット信号を接続

*機能改善: CR を修正

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

1G/2.5G Ethernet PCS/PMA or SGMII (16.0)

*バージョン 16.0 (Rev. 1)

*非同期 LVDS モードに対して RX エラスティック バッファーのクロック コレクションのバグを修正。

*SGMII モードに対して制約をアップデート (GEM とインターフェイスする場合)。

*7 シリーズの場合、PHY 同期損失時のトランスミッター リセットの LVDS トランシーバー依存性を削除。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

32-bit Initiator/Target for PCI (7-Series) (5.0)

*バージョン 5.0 (Rev. 8)

*変更なし

3GPP LTE Channel Estimator (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 12)

*変更なし

3GPP LTE MIMO Decoder (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 12)

*変更なし

3GPP LTE MIMO Encoder (4.0)

*バージョン 4.0 (Rev. 11)

*変更なし

3GPP Mixed Mode Turbo Decoder (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 12)

*変更なし

3GPP Turbo Encoder (5.0)

*バージョン 5.0 (Rev. 11)

*変更なし

3GPPLTE Turbo Encoder (4.0)

*バージョン 4.0 (Rev. 11)

*変更なし

40G/50G Ethernet Subsystem (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 1)

*ポート変更: rxrecclkout ポートを追加

*ポート変更: stat_rx_fifo_error ポートを追加

*機能改善: CR

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

64-bit Initiator/Target for PCI (7 Series) (5.0)

*バージョン 5.0 (Rev. 8)

*変更なし

7 Series FPGAs Transceivers Wizard (3.6)

*バージョン 3.6 (Rev. 5)

*一般: XC7A12TCPG236 および XC7A25TCPG236 デバイスのサポートを追加

7 Series Integrated Block for PCI Express (3.3)

*バージョン 3.3 (Rev. 3)

*一般: xc7a12tl および xc7a25tl デバイスのサポートを追加

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AHB-Lite to AXI Bridge (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 9)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI 1G/2.5G Ethernet Subsystem (7.0)

*バージョン 7.0 (Rev. 7)

*一般: 機能上の変更はなし。

*一般: このコアのサブコアの変更に関しては、tri_mode_ethernet_mac v9.0 および gig_ethernet_pcs_pma v16_0 のコア変更ログを参照。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI AHB-Lite Bridge (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 9)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI AMM Bridge (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 1)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI APB Bridge (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 9)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI BFM Cores (5.0)

*バージョン 5.0 (Rev. 7)

*変更なし

AXI BRAM Controller (4.0)

*バージョン 4.0 (Rev. 10)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Bridge for PCI Express Gen3 Subsystem (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 1)

*バグ修正: ルートから D0 以外の PCIe 電力ステートに変更できるように cfg_power_state_change_ack 接続を 1 に変更

*機能改善: S_AXI インターフェイスにナロー バースト サポートを追加

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI CAN (5.0)

*バージョン 5.0 (Rev. 14)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Central Direct Memory Access (4.1)

*バージョン 4.1 (Rev. 11)

*機能改善: オプションの格納および転送機能を有効化

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Chip2Chip Bridge (4.2)

*バージョン 4.2 (Rev. 11)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Clock Converter (2.1)

*バージョン 2.1 (Rev. 10)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Crossbar (2.1)

*バージョン 2.1 (Rev. 12)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Data FIFO (2.1)

*バージョン 2.1 (Rev. 10)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Data Width Converter (2.1)

*バージョン 2.1 (Rev. 11)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI DataMover (5.1)

*バージョン 5.1 (Rev. 13)

*一般: set_bus_skew 制約に対して正しい値が設定されるように XDC ファイルをアップデート

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Direct Memory Access (7.1)

*バージョン 7.1 (Rev. 12)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI EMC (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 11)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI EPC (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 14)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Ethernet Buffer (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 14)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Ethernet Clocking (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 2)

*変更なし

AXI Ethernet Lite (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 9)

*内部 proc をアップデート。機能上の変更はありません。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI GPIO (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 13)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI HWICAP (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 15)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI IIC (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 14)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Interconnect (2.1)

*バージョン 2.1 (Rev. 12)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Interrupt Controller (4.1)

*バージョン 4.1 (Rev. 9)

*一般: ツール ヒントおよび警告メッセージを修正

AXI Lite IPIF (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 4)

*変更なし

AXI MMU (2.1)

*バージョン 2.1 (Rev. 9)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Master Burst (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 7)

*変更なし

AXI Memory Mapped To PCI Express (2.8)

*バージョン 2.8 (Rev. 3)

*バグ修正: 完了タイムアウト/UR が原因のために 128 ビット AXI コンフィギュレーションで停止する AXI スレーブ インターフェイスを修正

*バグ修正: MSI と INTx が両方とも同時に到達すると INTx がなくなる問題を修正

*その他: タイプ 1 PCI コンフィギュレーション空間のメモリ リミット/ベース レジスタ (オフセット 0x20) に対する書き込み制限を削除

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Memory Mapped to Stream Mapper (1.1)

*バージョン 1.1 (Rev. 10)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Performance Monitor (5.0)

*バージョン 5.0 (Rev. 13)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Checker (1.1)

*バージョン 1.1 (Rev. 12)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Protocol Converter (2.1)

*バージョン 2.1 (Rev. 11)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Quad SPI (3.2)

*バージョン 3.2 (Rev. 10)

*XIP モードに対してサンプル デザインをアップデート。 機能上の変更はありません。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Register Slice (2.1)

*バージョン 2.1 (Rev. 11)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI SmartConnect (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*バグを多数修正。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI TFT Controller (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 15)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Timebase Watchdog Timer (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 3)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Timer (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 13)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Traffic Generator (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 12)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI UART16550 (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 13)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI USB2 Device (5.0)

*バージョン 5.0 (Rev. 12)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI UART Lite (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 15)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Verification IP (1.0)

*バージョン 1.0

*初期リリース

AXI Video Direct Memory Access (6.2)

*バージョン 6.2 (Rev. 10)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI Virtual FIFO Controller (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 13)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI-Stream FIFO (4.1)

*バージョン 4.1 (Rev. 8)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Accelerator Adapter (2.1)

*バージョン 2.1 (Rev. 10)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Broadcaster (1.1)

*バージョン 1.1 (Rev. 11)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Clock Converter (1.1)

*バージョン 1.1 (Rev. 12)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Combiner (1.1)

*バージョン 1.1 (Rev. 10)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Data FIFO (1.1)

*バージョン 1.1 (Rev. 12)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Data Width Converter (1.1)

*バージョン 1.1 (Rev. 10)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Interconnect (2.1)

*バージョン 2.1 (Rev. 12)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Protocol Checker (1.1)

*バージョン 1.1 (Rev. 11)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Register Slice (1.1)

*バージョン 1.1 (Rev. 11)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Subset Converter (1.1)

*バージョン 1.1 (Rev. 11)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream Switch (1.1)

*バージョン 1.1 (Rev. 11)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

AXI4-Stream to Video Out (4.0)

*バージョン 4.0 (Rev. 5)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Accumulator (12.0)

*バージョン 12.0 (Rev. 10)

*変更なし

Adder/Subtracter (加算/減算器) (12.0)

*バージョン 12.0 (Rev. 10)

*変更なし

Aurora 64B66B (11.1)

*バージョン 11.1 (Rev. 3)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Aurora 8B10B (11.0)

*バージョン 11.0 (Rev. 7)

*一般: XC7A12T、XC7A12Ti、XC7A25T、XC7A25Ti デバイスのサポートを追加

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Binary Counter (12.0)

*バージョン 12.0 (Rev. 10)

*変更なし

Block Memory Generator (8.3)

*バージョン 8.3 (Rev. 5)

*一般: (RTL と一致するように) ビルトイン ECC を有効にすると発生するビヘイビアー モデルの問題を修正

CANFD (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 4)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

CIC Compiler (4.0)

*バージョン 4.0 (Rev. 11)

*変更なし

CORDIC (6.0)

*バージョン 6.0 (Rev. 11)

*変更なし

CPRI (8.7)

*バージョン 8.7 (Rev. 1)

*バグ修正: FEC 対応スレーブ コアによって stat_speed 出力が FEC ライン レートに対して間違ってレポートされる問題を修正。

*バグ修正: FEC 対応スレーブ コアによって機能レジスタの変更が FEC ライン レートに対して間違って適用される問題を修正。

*バグ修正: 最大ライン レートが 8.11008Gbps および 0.6144Gbps の 7 シリーズ コアで間違っているタイミング制約を修正。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Chroma Resampler (4.0)

*バージョン 4.0 (Rev. 11)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Clocking Wizard (5.3)

*バージョン 5.3 (Rev. 3)

*バグ修正: 内部 GUI 問題を修正。

Color Correction Matrix (6.0)

*バージョン 6.0 (Rev. 12)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Color Filter Array Interpolation (7.0)

*バージョン 7.0 (Rev. 11)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Complex Multiplier (6.0)

*バージョン 6.0 (Rev. 12)

*変更なし

Convolution Encoder (9.0)

*バージョン 9.0 (Rev. 11)

*変更なし

DDR3 SDRAM (MIG) (1.3)

*バージョン 1.3 (Rev. 1)

*バグ修正: 基準入力クロックとして M および D を手動で選択する場合に GUI で PFD 範囲をチェック。

*バグ修正: ロックされた IP をアップグレードするフローで発生する Phy コア生成およびスティッチング最適化エラーを修正するため、古い PHY IP をアップデート。

*バグ修正: (Xilinx Answer 67957) UltraScale メモリ IP - メモリ IP をアップグレードせずに古い Vivado プロジェクトを開くと「Phy core regeneration & stitching failed」というエラー メッセージが表示される

*バグ修正: (Xilinx Answer 67891) DDR4/DDR3 IP - BFM シミュレーション モードを使用したピンポン PHY ビヘイビアー シミュレーションでデータ エラーによる問題が発生する

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DDR4 SDRAM (MIG) (2.1)

*バージョン 2.1 (Rev. 1)

*バグ修正: 基準入力クロックとして M および D を手動で選択する場合に GUI で PFD 範囲をチェック。

*バグ修正: ロックされた IP をアップグレードするフローで発生する Phy コア生成およびスティッチング最適化エラーを修正するため、古い PHY IP をアップデート。

*バグ修正: 3DS デバイス パフォーマンス シミュレーションをアップデート

*バグ修正: マルチ ランク デザインに対して DDR4 セルフ リフレッシュ/保存復元をアップデート

*バグ修正: (Xilinx Answer 67957) UltraScale メモリ IP - メモリ IP をアップグレードせずに古い Vivado プロジェクトを開くと「Phy core regeneration & stitching failed」というエラー メッセージが表示される

*バグ修正: (Xilinx Answer 67933) UltraScale Memory IP - カスタム パーツを含むメモリ IP が含まれているプロジェクトをアーカイブして移動するとエラー メッセージが表示される

*バグ修正: (Xilinx Answer 67891) DDR4/DDR3 IP - BFM シミュレーション モードを使用したピンポン PHY ビヘイビアー シミュレーションでデータ エラーによる問題が発生する

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DDS Compiler (6.0)

*バージョン 6.0 (Rev. 13)

*変更なし

DMA/Bridge Subsystem for PCI Express (PCIe) (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 1)

*バグ修正: Vivado シミュレータでのシミュレーション問題を修正

*機能改善: UltraScale Plus ファミリ デバイスに対して AXI Bridge 機能を追加。

*機能改善: xcvu9p (flga2104、flgb2104、flgc2104、および fsgd2104) の -2L スピード グレードに対して x16g3 サポートを追加

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DSP48 Macro (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 13)

*変更なし

DUC/DDC Compiler (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 11)

*変更なし

Debug Bridge (1.1)

*バージョン 1.1 (Rev. 1)

*変更なし

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Decapsulator (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*機能改善: 一般的なデザインの packet_reformatter を改善

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Discrete Fourier Transform (4.0)

*バージョン 4.0 (Rev. 12)

*変更なし

DisplayPort (7.0)

*バージョン 7.0 (Rev. 3)

*一般: 新しいデバイス パッケージのサポートを追加

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DisplayPort RX Subsystem (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 3)

*一般: 新しいデバイス パッケージのサポートを追加

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

DisplayPort TX Subsystem (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 3)

*一般: GTYE4 のデバイス サポートをクリーンアップ

*一般: 新しいデバイス パッケージのサポートを追加

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Distributed Memory Generator (8.0)

*バージョン 8.0 (Rev. 11)

*変更なし

Divider Generator (5.1)

*バージョン 5.1 (Rev. 11)

*変更なし

Double Data Rate Sampling (1.0)

*バージョン 1.0

*変更なし

ECC (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 12)

*変更なし

Ethernet PHY MII to Reduced MII (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 13)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

FIFO Generator (13.1)

*バージョン 13.1 (Rev. 3)

*ポート変更: なし

*バグ修正: リセットのリリース後に有効なデータが FIFO に書き込まれていないと m_axis_tvalid が High になる問題を修正

*機能改善: なし

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

FIR Compiler (7.2)

*バージョン 7.2 (Rev. 7)

*変更なし

Fast Fourier Transform (9.0)

*バージョン 9.0 (Rev. 11)

*変更なし

Fibre Channel 32GFC RS-FEC (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 1)

*一般: UltraScale+ -2LV スピード グレードのサポートを追加

Fixed Interval Timer (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 8)

*変更なし

FlexO 100G RS-FEC (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 1)

*一般: UltraScale+ -2LV スピード グレードのサポートを追加。

*一般: 合成を向上させるため、内部改善。動作の変更なし。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Floating-point (7.1)

*バージョン 7.1 (Rev. 3)

*変更なし

Framer (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*機能改善: 一般的なデザインの packet_reformatter を改善

G.709 FEC Encoder/Decoder (2.2)

*バージョン 2.2 (Rev. 6)

*一般: スピード ファイルが改善されたため、UltraScale Plus -1 スピード グレードのサポートを削除。

G.975.1 EFEC I.4 Encoder/Decoder (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 13)

*変更なし

G.975.1 EFEC I.7 Encoder/Decoder (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 13)

*変更なし

Gamma Correction (7.0)

*バージョン 7.0 (Rev. 12)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

GMII to RGMII (4.0)

*バージョン 4.0 (Rev. 3)

*変更なし

HDCP (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 1)

*変更なし

HDCP 2.2 Cipher (1.0)

*バージョン 1.0

*変更なし

HDCP 2.2 Montgomery Modular Multiplier (1.0)

*バージョン 1.0

*変更なし

HDCP 2.2 Random Number Generator (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 1)

*変更なし

HDCP 2.2 Receiver (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 2)

*変更なし

HDCP 2.2 Transmitter (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 2)

*変更なし

HDMI 1.4/2.0 Receiver (1.1)

*バージョン 1.1

*変更なし

HDMI 1.4/2.0 Receiver Subsystem (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 3)

*機能改善: ZC706 ボードに対して Vivado サンプル デザインのサポートを追加。

HDMI 1.4/2.0 Transmitter (1.1)

*バージョン 1.1

*変更なし

HDMI 1.4/2.0 Transmitter Subsystem (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 3)

*機能改善: ZC706 ボードに対して Vivado サンプル デザインのサポートを追加。

High Speed SelectIO Wizard (3.1)

*バージョン 3.1 (Rev. 1)

*バグ修正: Rx Delay Mode の選択肢を変更。Async モードに対してのみ GUI で有効になります

IBERT 7 Series GTH (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 15)

*アキュムレータ ロジックのリセット信号に対してシンクロナイザーを追加。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT 7 Series GTP (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 14)

*Whistler および低消費電力デバイスのサポートを追加。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT 7 Series GTX (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 15)

*アキュムレータ ロジックのリセット信号に対してシンクロナイザーを追加

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT 7 Series GTZ (3.1)

*バージョン 3.1 (Rev. 12)

*アキュムレータ ロジックのリセット信号に対してシンクロナイザーを追加

IBERT UltraScale GTH (1.3)

*バージョン 1.3 (Rev. 5)

*複数行にコア生成情報を分割するように合成ラッパーをアップデート。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IBERT UltraScale GTY (1.2)

*バージョン 1.2 (Rev. 5)

*複数行にコア生成情報を分割するように合成ラッパーをアップデート。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 25G RS-FEC (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*一般: タイミングを向上させるため、内部改善。動作の変更なし。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3 50G RS-FEC (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*一般: UltraScale+ -2LV スピード グレードのサポートを追加

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IEEE 802.3bj RS-FEC (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 7)

*一般: UltraScale+ -2LV スピード グレードのサポートを追加

*一般: タイミング向上およびサイズ削減のため、内部改善。動作の変更なし。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ILA (Integrated Logic Analyzer) (6.2)

*バージョン 6.2 (Rev. 1)

*CDC 警告を処理するように ILA およびデバッグ ハブ IP をアップデート

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

IOModule (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 6)

*変更なし

Image Enhancement (8.0)

*バージョン 8.0 (Rev. 12)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

In System IBERT (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 1)

*IP GUI サマリ ページの GT タイプをアップデート。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Interlaken up to 150G (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 1)

*ポート変更: すべてのコンフィギュレーションに対して gtwiz_reset_tx_datapath および gtwiz_reset_rx_datapath ポートを表示

*機能改善: CR を修正

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Interleaver/De-interleaver (8.0)

*バージョン 8.0 (Rev. 10)

*変更なし

JESD204 (7.1)

*バージョン 7.1 (Rev. 1)

*機能改善: 合成スピード向上のため、コア ロジックを最適化

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JESD204 PHY (3.2)

*バージョン 3.2 (Rev. 1)

*機能改善: 最大ライン レート パラメーターがデバイスの最大ライン レートに設定されないように GUI を変更

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

JTAG to AXI Master (1.2)

*バージョン 1.2 (Rev. 1)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

LMB BRAM Controller (4.0)

*バージョン 4.0 (Rev. 10)

*変更なし

LTE DL Channel Encoder (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 11)

*変更なし

LTE Fast Fourier Transform (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 12)

*変更なし

LTE PUCCH Receiver (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 11)

*変更なし

LTE RACH Detector (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 11)

*変更なし

LTE UL Channel Decoder (4.0)

*バージョン 4.0 (Rev. 11)

*変更なし

Local Memory Bus (LMB) 1.0 (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 9)

*変更なし

MIPI CSI-2 Rx Controller (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 5)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI CSI-2 Rx Subsystem (2.1)

*バージョン 2.1 (Rev. 1)

*ポート変更: キャリブレーション モード パラメーターに基づき新しいポートを追加

*ポート変更: MIPI DPHY から MMCM が削除されたため、mmcm_lock_out ポートを削除

*バグ修正: MIPI D-PHY に対してキャリブレーション モード パラメーターがアップデートされる問題を修正

*バグ修正: レーン間のスキューの耐性を 2 rxbyteclkhs から 6 rxbyteclkhs に向上

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI DSI Tx Controller (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 1)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI CSI-2 Tx Subsystem (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 1)

*バグ修正: 3、4 レーンに対するレーン分配ブロックで発生するワードカウント 0、1、2 の問題を修正

*バグ修正: RGB888 データ タイプ インターリーブ ケースにおける内部ステートのリセットを修正

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI D-PHY (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 1)

*ポート変更: 7 シリーズ自動キャリブレーション モードに対して clk_300m ポートを追加。追加ポートの詳細については、『MIPI D-PHY 製品ガイド』 (PG202) の「ポートの説明」セクションを参照。

*ポート変更: 7 シリーズ キャリブレーション モード ポートをアップデート。追加ポートの詳細については、『MIPI D-PHY 製品ガイド』 (PG202) の「ポートの説明」セクションを参照。

*バグ修正: D-PHY RX IP のホールド タイム違反に対して FIFO_WRCLK_OUT で BUFG を挿入

*バグ修正: D-PHY RX 準拠テスト 2.4.1 に対してデータ レーン HS-RX TD-TERM-EN 値を修正

*バグ修正: D-PHY RX 準拠テスト 2.4.6 に対してクロック レーン HS-RX TCLK-TERM-EN 値を修正

*バグ修正: 7 シリーズ D-PHY RX IP に対してビットごとにスキューを調整する自動キャリブレーション モードをアップデート

*バグ修正: UltraScale+ D-PHY RX IP コンフィギュレーションに対する MMCM を削除し、すべてのライン レートに定数 1500MHz CLKOUTPHY を使用

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI DSI Tx Controller (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

MIPI DSI Tx Subsystem (1.1)

*バージョン 1.1 (Rev. 1)

*バグ修正: HBP または HFP が 0 の場合のライン タイム レジスタ読み出し値を修正

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Mailbox (2.1)

*バージョン 2.1 (Rev. 7)

*変更なし

Memory Helper Core (1.3)

*バージョン 1.3

*変更なし

Memory Interface Generator (MIG 7 Series) (4.0)

*バージョン 4.0 (Rev. 2)

*一般: Vivado 2016.4 ソフトウェアをサポート。

MicroBlaze (10.0)

*バージョン 10.0 (Rev. 1)

*一般: ツールの警告を避けるため、HDL を変更。機能上の変更はありません。

MicroBlaze Debug Module (MDM) (3.2)

*バージョン 3.2 (Rev. 8)

*一般: ツールの警告を避けるため、HDL を変更。機能上の変更はありません。

MicroBlaze MCS (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 3)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Multiplier (12.0)

*バージョン 12.0 (Rev. 12)

*変更なし

Multiply Adder (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 10)

*変更なし

Mutex (2.1)

*バージョン 2.1 (Rev. 8)

*変更なし

PCIe PHY IP (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*機能改善: GT_wizard および関連ロジックで CPLL CAL ブロックを有効化

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Partial Reconfiguration Controller (1.1)

*バージョン 1.1 (Rev. 1)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Partial Reconfiguration Decoupler (1.0)

*バージョン 1.0Rev. 3)

*変更なし

Peak Cancellation Crest Factor Reduction (6.1)

*バージョン 6.1

*変更なし

Processor System Reset (5.0)

*バージョン 5.0 (Rev. 10)

*変更なし

QDRII+ SRAM (MIG) (1.3)

*バージョン 1.3 (Rev. 1)

*バグ修正: 基準入力クロックとして M および D を手動で選択する場合に GUI で PFD 範囲をチェック。

*バグ修正: ロックされた IP をアップグレードするフローで発生する Phy コア生成およびスティッチング最適化エラーを修正するため、古い PHY IP をアップデート。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

QDRIV SRAM (MIG) (1.2)

*バージョン 1.2 (Rev. 1)

*バグ修正: 基準入力クロックとして M および D を手動で選択する場合に GUI で PFD 範囲をチェック。

*バグ修正: ロックされた IP をアップグレードするフローで発生する Phy コア生成およびスティッチング最適化エラーを修正するため、古い PHY IP をアップデート。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

QDRIV SRAM PHY IP (1.2)

*バージョン 1.2

*変更なし

QSGMII (3.3)

*バージョン 3.3 (Rev. 7)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RAM-based Shift Register (12.0)

*バージョン 12.0 (Rev. 10)

*変更なし

RFC3190 De-Packetizer (1.0)

*バージョン 1.0

*変更なし

RFC3190 Packetizer (1.0)

*バージョン 1.0

*変更なし

RFC4175 De-packetizer (1.0)

*バージョン 1.0

*変更なし

RFC4175 Packetizer (1.0)

*バージョン 1.0

*変更なし

RGB to YCrCb Color-Space Converter (7.1)

*バージョン 7.1 (Rev. 10)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RLDRAM3 (MIG) (1.3)

*バージョン 1.3 (Rev. 1)

*バグ修正: 基準入力クロックとして M および D を手動で選択する場合に GUI で PFD 範囲をチェック。

*バグ修正: ロックされた IP をアップグレードするフローで発生する Phy コア生成およびスティッチング最適化エラーを修正するため、古い PHY IP をアップデート。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

RXAUI (4.3)

*バージョン 4.3 (Rev. 7)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Reed-Solomon Decoder (9.0)

*バージョン 9.0 (Rev. 12)

*変更なし

Reed-Solomon Encoder (9.0)

*バージョン 9.0 (Rev. 11)

*変更なし

S/PDIF (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 14)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SC EXIT (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SC MMU (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SC SI_CONVERTER (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*機能改善: ナロー読み出しバースト パッキングおよび読み出し/書き込みパケット モード (基準値) に対してタイミング パスを最適化。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SC SPLITTER (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 2)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SC TRANSACTION_REGULATOR (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*機能改善: マルチスレッド読み出し/書き込みトランザクションに対してタイミング パスを最適化。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SMPTE2022-1/2 Video over IP Receiver (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 8)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SMPTE2022-1/2 Video over IP Transmitter (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 8)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SMPTE SD/HD/3G-SDI (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 8)

*変更なし

SMPTE ST 2059 (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 1)

*変更なし

SMPTE UHD-SDI (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*変更なし

SMPTE2022-5/6 Video over IP Receiver (5.0)

*バージョン 5.0 (Rev. 7)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SMPTE2022-5/6 Video over IP Transmitter (4.0)

*バージョン 4.0 (Rev. 9)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SPI-4.2 (13.0)

*バージョン 13.0 (Rev. 9)

*変更なし

ST2022-56 De-Packetizer (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*機能改善: 一般的なデザインの packet_reformatter を改善

ST2022-56 Packetizer (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*バグ修正: マーカー パケットの後、残りのパケットに NULL を追加

*機能改善: 一般的なデザインの packet_reformatter を改善

SelectIO Interface Wizard (5.1)

*バージョン 5.1 (Rev. 8)

*変更なし

Serial RapidIO Gen2 (4.0)

*バージョン 4.0 (Rev. 6)

*機能改善: 7A25T および 7A12T デバイスに対して CPG236 パッケージのサポートを追加

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SmartConnect AXI2SC Bridge (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SmartConnect Node (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*フォーマットを変更。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SmartConnect SC2AXI Bridge (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

SmartConnect Switchboard (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Soft Error Mitigation (4.1)

*バージョン 4.1 (Rev. 7)

*変更なし

System Cache (4.0)

*バージョン 4.0 (Rev. 1)

*バグ修正: 場合によって WriteBack が WriteUnique として分類される問題を修正。この問題は、バージョン 4.0 で C_COHERENCY が 2 に設定されている場合にのみ発生することがあります。

*バグ修正: 競合が発生しているスヌープでキャッシュ ライン プロパティをアップデートできない問題を修正。この問題は、バージョン 4.0 で C_COHERENCY が 2 に設定されている場合にのみ発生することがあります。

*機能改善: 書き込みバッファー サイズを増加

*機能改善: ライトバック スヌープ抽出を追加

*機能改善: マスター コヒーレント コンフィギュレーションに対してタイミングを向上させるため、パイプライン処理を追加

System ILA (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 1)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

System Management Wizard (1.3)

*バージョン 1.3 (Rev. 3)

*一般: ウェブ トーク データを追加。カスタマー デザインへの影響はありません。

Timer Sync 1588 (1.2)

*バージョン 1.2 (Rev. 4)

*変更なし

Tri Mode Ethernet MAC (9.0)

*バージョン 9.0 (Rev. 6)

*変更なし

UltraScale 100G Ethernet Subsystem (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 1)

*ポート変更: axi_gt_loopback 信号を ctl_gt_loopback に変更

*その他: SW でルールがアップデートされたため、コア XDC からクロック ルート制約を削除

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express (4.2)

*バージョン 4.2 (Rev. 3)

*バグ修正: user_reset および user_lnk_up 信号にレジスタを追加することによって、タイミング問題を修正。

*バグ修正: 配置およびタイミングを向上させるため、フィールド アップデート フロアプランを含む Tandem をアップデート。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale FPGAs Transceivers Wizard (1.6)

*バージョン 1.6 (Rev. 5)

*一般: UltraScale+ FPGA のデータシートに一致させるため、一部のスピード グレードのデバイスのライン レート範囲をアップデート。

*一般: UltraScale+ デバイスの PCIe 使用モードに対して CPLL キャリブレーション モジュールをアップデート

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale Soft Error Mitigation (3.1)

*バージョン 3.1 (Rev. 2)

*変更なし

UltraScale+ 100G Ethernet Subsystem (2.1)

*バージョン 2.1

*ポート変更: axi_gt_loopback 信号を ctl_gt_loopback に変更

*機能改善: GUI で TX IPG (Interpacket Gap) 値パラメーター設定のサポートを追加

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

UltraScale+ PCI Express Integrated Block (1.1)

*バージョン 1.1 (Rev. 3)

*ポート変更: なし

*バグ修正: MSI-X が有効になっている場合に発生する PF-1 設定編集問題を修正。

*バグ修正: コンフィギュレーションが Gen3x16 および RQ/RC で、4TLP ストラドルが有効になっている場合に、ルート ポートが DUT としてシミュレーションされる問題を修正。

*機能改善: なし

*その他: PCIe ハード ブロック要件を満たすように、MSI-X TABLE/PBA OFFSET アドレスを 3 ビット右にシフト。

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

VIO (Virtual Input/Output) (3.0)

*バージョン 3.0 (Rev. 14)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video AXI4S Remapper (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 2)

*変更なし

Video Color Space Conversion and Correction (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 5)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Deinterlacer (4.0)

*バージョン 4.0 (Rev. 11)

*変更なし

Video In to AXI4-Stream (4.0)

*バージョン 4.0 (Rev. 5)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Mixer (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 3)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video On Screen Display (6.0)

*バージョン 6.0 (Rev. 13)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video PHY Controller (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 4)

*一般: IP インテグレーター ブロック デザインに HDMI 高速スイッチングのサポートを追加

Video Processing Subsystem (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 3)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Test Pattern Generator (7.0)

*バージョン 7.0 (Rev. 5)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video Timing Controller (6.1)

*バージョン 6.1 (Rev. 10)

*バグ修正: 低解像度のビデオ フォーマットに対して生成される AXI4-Lite エラー応答に関する問題を修正。

*機能改善: 8K ビデオ フォーマットのサポートを追加

Video over IP FEC Receiver (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 3)

*一般: バッファー深さハンドラーを若干アップデート

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Video over IP FEC Transmitter (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 3)

*機能改善: 一般的なデザインの packet_reformatter を改善

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Virtex-7 FPGA Gen3 Integrated Block for PCI Express (4.2)

*バージョン 4.2 (Rev. 3)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

Viterbi Decoder (9.1)

*バージョン 9.1 (Rev. 7)

*変更なし

XADC Wizard (3.3)

*バージョン 3.3 (Rev. 2)

*一般: VREFP レジスタ値をアップデート。

XAUI (12.2)

*バージョン 12.2 (Rev. 7)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

XHMC (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 1)

*バグ修正: 全幅 GTY リンクに対してリセット安定性を向上させるため、MMCM リセットから pmareset_done を削除

*バグ修正: VCU110 リンク 0 に対して半幅コンフィギュレーションを無効化

*バグ修正: IIC を介して HMC デバイス レジスタにアクセスするように JTAG-AXI デバッガー モジュールを追加

*バグ修正: VCU110 ボードに対する GT 挿入損失設定を 8 から 4 に変更

*その他: clock_delay_group に関するビットストリーム警告を修正

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

YCrCb to RGB Color-Space Converter (7.1)

*バージョン 7.1 (Rev. 10)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

ZYNQ7 Processing System (5.5)

*バージョン 5.5 (Rev. 3)

*変更なし

ZYNQ7 Processing System BFM (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 5)

*変更なし

Zynq UltraScale+ MPSoC (2.0)

*バージョン 2.0 (Rev. 1)

*DDR コンフィギュレーション レジスタに対して DDR4/LPDDR4/LPDDR3 タイミング パラメーターおよびドリフト設定をアップデート

axi_sg (4.1)

*バージョン 4.1 (Rev. 5)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

interrupt_controller (3.1)

*バージョン 3.1 (Rev. 4)

*変更なし

lib_bmg (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 7)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

lib_cdc (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 2)

*変更なし

lib_fifo (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 7)

*1 つまたは複数のサブコアでリビジョンを変更

lib_pkg (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 2)

*変更なし

lib_srl_fifo (1.0)

*バージョン 1.0 (Rev. 2)

*変更なし

AR# 68369
日付 12/19/2016
ステータス アクティブ
種類 リリース ノート
ツール
  • Vivado Design Suite - 2016.4
このページをブックマークに追加