AR# 69493

|

Zynq UltraScale+ MPSoC ZCU106 評価キット - Maxim Integrated 電源コントローラーの再プログラム

説明

Zynq UltraScale+ MPSoC ZCU106 評価キットでは、 MAX15301 および MAX15303 の PMBus 電圧レギュレータと MAX20751E を使用して、Maxim PMBus ベースの電源システムをホストします。

MAX20751E デバイスは限られた回数 (4 回) プログラムできます。

Maxim コンポーネントが断続的に電源エラーを引き起こしているため、問題が起きています。

 

使用しているボードがこの影響を受けているかどうかを特定するには、次の日付コードを使用してください。

日付コードが 1820-YYWW までのもの (たとえば、ボード シリアル番号から日付コードを特定できます: 92170013361820-86959)

日付コードが #1820 またはそれ以前のボードの場合、Maxim MAX15303 PMBus が原因で電源エラーが断続的に発生します。詳細は、このアンサーに添付されている XML および手順を使用してください。

ソリューション

ZCU106 評価キットの MAX15301 および MAX15303 PMBus デバイスは、プログラムし直すことができます。

ZCU106 の MAX20751E デバイスは限られた回数 (4 回) プログラムできます。

再プログラムには、PowerTool MAXPOWERTOOL002# USB-to-PMBUS インターフェイス ドングルおよび PowerTool ソフトウェアが必要になります。

PowerTool ソフトウェアは、次の場所からダウンロードできます。

https://www.maximintegrated.com/en/design/software-description.html/swpart=SFW0005150H


添付されている ZCU106 の再プログラムに必要なスクリプトを、重要な手順も含めて検索してください。


これらのファイルを使用して、MAX15301 および MAX15303 デバイスをターゲットにします。 

これにより、4 回までしか再プログラムできない 2 つの MAX20751 デバイスのプログラムをスキップするオプションが与えられます。

MAX20751 デバイスをアップデートする必要はありません。


Zynq UltraScale+ MPSoC ZCU106 評価キット:

添付の ZCU106_Power_Controllers_Reprogramming_Steps.pdf を参照してください。

  • このファイルは、ZCU106 ボードの元のコンフィギュレーション 0417_2018_1D_GCTLDAC6_0430_all rails.xml と一緒に使用してください。

添付ファイル

関連添付ファイル

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

関連アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
66811 Zynq UltraScale+ MPSoC ZCU102 評価キット - Maxim Integrated 電源コントローラーの再プログラム N/A N/A
AR# 69493
日付 12/20/2018
ステータス アクティブ
種類 一般
Boards & Kits
People Also Viewed