AR# 71746

Zynq UltraScale+ RFSoC: RF Analyzer の既知の問題および制限事項

説明

2019.1 リリースの RF Analyzer には、注意が必要な既知の問題および制限があります。

  • キャプチャおよび再生サイズの制限。
  • ファブリック データ幅に関する注意事項。
  • マルチバンドのサポート。

このアンサーでは、これらの問題を説明し、その回避策を示します。

ソリューション

キャプチャおよび再生サイズの制限

サンプル数は、リアル モードでは 16384 個、ADC 4 Gsps の I/Q モードでは 16384 個、DAC および 2 Gsps ADC の I/Q モードでは 8192 個に制限されています。

今後のリリースで、サンプル サイズを増加し、選択できるようにする予定です。


キャリブレーション停止がサポートされていない

RF Analyzer の GUI でキャリブレーションを停止するオプションがありません。

この機能は今後のリリースで追加される予定です。


ファブリック データ幅

サポートされるファブリック データ幅は、1、2、4、8、16 です。その他の値も使用できますが、間引き/補間/実数/複素は変更できません。


マルチバンドのサポート:

IP がマルチバンドでコンフィギュレーションされている場合は、マルチバンドはサポートされません。

回避策:

ビルド済みビットストリームを使用すると、マルチバンドを使用できます。

AR# 71746
日付 05/29/2019
ステータス アクティブ
種類 一般
デバイス
ツール
IP