AR# 72389

Zynq UltraScale+ MPSoC (Vivado 2019.1) - PL-PCIe ルート ポート - ドライバーのコンパイルでエラーが発生する

説明

Zynq UltraScale+ MPSoC PL ブリッジがルート ポート (DMA/Bridge Subsystem for PCI Express - Bridge モード) であり、PetaLinux でドライバーが有効になっていると、ドライバーのコンパイルでエラーが発生します。

これは、Kernel 4.19 での PCIe サブシステム API の変更が原因です。


このアンサーは、PCI Express ソリューション センターの一部です。

(Xilinx Answer 34536)ザイリンクス PCI Express ソリューション センター

ソリューション

この問題を修正するには、このアンサーに添付されている緊急パッチをインストールしてください。

このパッチは、旧 API of_pci_get_host_bridge_resources () を削除し、新しいカーネル API devm_of_pci_get_host_bridge_resources() を使用してコンパイル エラーを修正します。

このパッチのインストール手順については、次のリンク先を参照してください。

https://xilinx-wiki.atlassian.net/wiki/spaces/A/pages/18842475/PetaLinux+Yocto+Tips#PetaLinuxYoctoTips-PatchingtheLinuxKernelofaPetaLinuxProject

改訂履歴

2019/05/30 - 初版

添付ファイル

関連添付ファイル

タイトル サイズ ファイルタイプ
0001-PCI-XDMA-PL-Remove-of_pci_get_host_bridge_resources.patch 1 KB PATCH
AR# 72389
日付 01/06/2020
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
IP