AR# 72427

LogiCORE IP Video Processing Subsystem (VPSS) v2.0 - UltraRAM を使用するとスカラーから画像アーチファクトが生じる

説明

UltraScale/UltraScale+ アーキテクチャで LogiCORE IP Video Processing Subsystem (VPSS) IP のスカラー機能を [Use UltraRAM for Line Buffers] をオンにして使用すると、画像アーチファクトが見られます。

これはなぜですか。

ソリューション

これは、LogiCORE IP Video Processing Subsystem (VPSS) IP の RTL を生成する HLS 合成ツールの既知の問題です。

UltraRAM を使用すると、正しい RTL が生成されません。

この問題は、Vivado 2018.2 で修正されています。

アンサー レコード リファレンス

マスター アンサー レコード

Answer Number アンサータイトル 問題の発生したバージョン 修正バージョン
65449 LogiCORE IP Video Processing Subsystem (VPSS) - Vivado ツール 2015.3 バージョン以降のリリース ノートおよび既知の問題 N/A N/A
AR# 72427
日付 06/05/2019
ステータス アクティブ
種類 既知の問題
IP