UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 7843

Virtex - 外部プルアップを使って出力を 5V に引き上げる方法

説明

キーワード : I/O, resistor, 3-state, LVTTL, LVCMOS, PCI33_5, voltage, 抵抗, トライステート, 電圧

重要度 : 標準

概要 :
出力を 5 V に引き上げるためには、どの抵抗値を使用しますか。

ソリューション

出力を 5V に引き上げるのは、I/O 規格に LVTTL、LVCMOS、および PCI33_5 が使用されている場合にのみ可能です。 引き上げる出力は、トライステート状態にしておく必要があります。

内部 I/O プルアップは、VCCO (3.3V または 2.5V) への 50K オームの抵抗と見なすことができます。 I/O を VCCO よりも高い電圧値に引き上げる場合は、50K オームより小さい抵抗を使用する必要があります。 Virtex デバイスでは、I/O を約 VCCO + 0.7V (VCCO よりも高いしきい値) 以上に引き上げる場合、内部プルアップ抵抗は使用されません。 I/O を 5V に引き上げる場合、VCCO へのスタティック電流がありません。 しかし、I/O を VCCO + 0.7V 以上の値に引き上げないのであれば、内部プルアップがそのまま使用され、I/O の電圧値が上がるのを防ぐ機能を果たします。

4.7K オームのプルアップ抵抗を使用することをお勧めしますが、これよりも低い値の抵抗でも効果はあります。

Virtex デバイスの 5V インターフェイスについては、次のサイトを参照してください。

http://www.xilinx.co.jp/products/virtex/techtopic/vtt002.pdf
AR# 7843
作成日 08/21/2007
最終更新日 12/15/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般