AR# 7843

Virtex - 外部プルアップを使って出力を 5V に引き上げる方法

説明

キーワード : I/O, resistor, 3-state, LVTTL, LVCMOS, PCI33_5, voltage, 抵抗, トライステート, 電圧

重要度 : 標準

概要 :
出力を 5 V に引き上げるためには、どの抵抗値を使用しますか。

ソリューション

出力を 5V に引き上げるのは、I/O 規格に LVTTL、LVCMOS、および PCI33_5 が使用されている場合にのみ可能です。 引き上げる出力は、トライステート状態にしておく必要があります。

内部 I/O プルアップは、VCCO (3.3V または 2.5V) への 50K オームの抵抗と見なすことができます。 I/O を VCCO よりも高い電圧値に引き上げる場合は、50K オームより小さい抵抗を使用する必要があります。 Virtex デバイスでは、I/O を約 VCCO + 0.7V (VCCO よりも高いしきい値) 以上に引き上げる場合、内部プルアップ抵抗は使用されません。 I/O を 5V に引き上げる場合、VCCO へのスタティック電流がありません。 しかし、I/O を VCCO + 0.7V 以上の値に引き上げないのであれば、内部プルアップがそのまま使用され、I/O の電圧値が上がるのを防ぐ機能を果たします。

4.7K オームのプルアップ抵抗を使用することをお勧めしますが、これよりも低い値の抵抗でも効果はあります。

Virtex デバイスの 5V インターフェイスについては、次のサイトを参照してください。

http://www.xilinx.co.jp/products/virtex/techtopic/vtt002.pdf
AR# 7843
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般