UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 8272

Virtex/-E/-II、Spartan-II - コンフィギュレーション後に未使用 I/O はどうなるか

説明


概要 :

Virtex、Virtex-E、Virtex-II。および Spartan-II デバイスの未使用 I/O はコンフィギュレーション後にどうなりますか。

ソリューション


未使用ピンは内部の弱いプルダウン抵抗でプルダウンされます。プルダウンの値は 50k から 150k オームです。



資料が必要な場合は、Virtex データシートのコンフィギュレーションのセクションを参照してください。

http://japan.xilinx.com/xlnx/xweb/xil_publications_index.jsp


未使用の I/O のステートは BitGen オプションを使用して設定できます。



bitgen -g Unusedpin:Pullup



Virtex デバイスの BitGen オプションのリストが必要な場合は、「bitgen -h virtex」とタイプします。



メモ :

- Virtex 以外のデバイスを使用する場合は「virtex」を該当するアーキテクチャに置き換えてください。

- リストにある最初の値がデフォルト値です。たあとえば、「Pulldown」は「UnusedPin option: UnusedPin Pulldown, Pullup, Pullnone」のデフォルト値です。

- 3.1i デザイン ツールでは、bitgen -h virtex コマンドを使用してもリストは表示されません。オプションはこのデバイスに使用できますが、コマンドのヘルプ情報にオプションが含まれていません。



これは 4.1i デザイン ツールで修正されています。




未使用の PWRDNW または JTAG ピンは BitGen のオプションを設定して内部プルアップすることができます。
AR# 8272
作成日 08/31/2007
最終更新日 10/17/2011
ステータス アーカイブ
タイプ 一般