UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 9013

Spartan-3/-E/-A - PROM にビット ファイルと異なるデータが読み込まれると JTAG コンフィギュレーションでエラーが発生する

説明

キーワード : JTAG, configuration, fail, PROM, master, serial, program, impact, iMPACT, コンフィギュレーション, エラー, マスタ, シリアル, プログラム

PROM を読み込む際にデバイスがマスタ モードの場合、JTAG を使用してコンフィギュレーションしようとするとエラーが発生します。 これは、JTAG により INIT が Low になり、デバイスのデータに PROM からのクロックが使用されるからです。 PROM は iMPACT でデバイスがプログラムされる前にデバイスをコンフィギュレーションし始め、 iMPACT がデバイスをコンフィギュレーションし始めたときには、デバイスに既にデータが読み込まれた状態になっています。 JTAG コンフィギュレーションでエラーが発生するのはこのためです。

この問題は、コンフィギュレーション フレームを初期化する必要があるため Spartan-3 デバイスに存在します。 最初のコンフィギュレーションが開始すると、フレームが初期化されません。 JTAG コンフィギュレーション開始後、フレームが初期化されていないために正しくコンフィギュレーションされません。

ソリューション

1. FPGA の MODE ピンを JTAG モードに設定します。

2. JTAG テストの実行中に PROM の内容を削除します。

3. JTAG コンフィギュレーション中に INIT を Low に維持し、PROM のコンフィギュレーションを停止させます。

AR# 9013
作成日 08/21/2007
最終更新日 12/15/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般