AR# 9013

Spartan-3/-E/-A - PROM にビット ファイルと異なるデータが読み込まれると JTAG コンフィギュレーションでエラーが発生する

説明

キーワード : JTAG, configuration, fail, PROM, master, serial, program, impact, iMPACT, コンフィギュレーション, エラー, マスタ, シリアル, プログラム

PROM を読み込む際にデバイスがマスタ モードの場合、JTAG を使用してコンフィギュレーションしようとするとエラーが発生します。 これは、JTAG により INIT が Low になり、デバイスのデータに PROM からのクロックが使用されるからです。 PROM は iMPACT でデバイスがプログラムされる前にデバイスをコンフィギュレーションし始め、 iMPACT がデバイスをコンフィギュレーションし始めたときには、デバイスに既にデータが読み込まれた状態になっています。 JTAG コンフィギュレーションでエラーが発生するのはこのためです。

この問題は、コンフィギュレーション フレームを初期化する必要があるため Spartan-3 デバイスに存在します。 最初のコンフィギュレーションが開始すると、フレームが初期化されません。 JTAG コンフィギュレーション開始後、フレームが初期化されていないために正しくコンフィギュレーションされません。

ソリューション

1. FPGA の MODE ピンを JTAG モードに設定します。

2. JTAG テストの実行中に PROM の内容を削除します。

3. JTAG コンフィギュレーション中に INIT を Low に維持し、PROM のコンフィギュレーションを停止させます。

AR# 9013
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般