UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 9655

CPLD XC9500XL- パワーアップ直後に、任意の集積度デバイスが適正にコンフィギュレーションされない

説明

キーワード : CPLD, XC9500XL, power, up, configure, パワーアップ, コンフィギュレーション

重要度 : 標準

概要 :
パワーアップ直後に、XC9500XL デバイス (任意の集積度) が適正にコンフィギュレーションされません。 これは何が原因ですか。

ソリューション

1

電源ランプ レートを確認してください。 ザイリンクスの CPLD は、ほかの CPLD と同様、単調な電源を使用してのみ適正にコンフィギュレーションされます。

XC9500XL デバイス ファミリのパワーアップ要件については、アプリケーション ノート (Xilinx XAPP144) 「Designing CPLD Multi-Voltage Systems」を参照してください。

2

日付コードが 9949 以前の XC9500XL デバイスで、非単調の電源に対して感度が高くなることがわかりました。 この感度に加え、電源の耐久性、プロフィール、および単調性により、デバイスが適正にコンフィギュレーションされなくなります。

デバイスは、JTAG ダウンロード ケーブルを介して JTAG コンフィギュレーション コマンドを使用すると、適正にコンフィギュレーションされます。 これには、JTAG ダウンロード ソフトウェアから VERIFY コマンドを発行すると、簡単に実行できます。

日付コードが 9949 以降のデバイスには、このような問題はありません。 XC9500XL デバイスでコンフィギュレーション問題が発生した場合は、販売代理店までご連絡ください。適宜、廃棄または取り替えさせていただきます。
AR# 9655
作成日 08/21/2007
最終更新日 12/15/2012
ステータス アクティブ
タイプ 一般