UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

AR# 9717

ModelSim (MXE、SE、PE) - Verilog デザインで UniSim コンポーネントが使用できない

説明

キーワード : Verilog, UniSim, component, load, ModelSim, VSim, ロード, コンポーネント, ライブラリ

重要度 : 標準

概要 :
Verilog デザインを ModelSim に読み込むと、マップを正しく行っても UniSim ライブラリが使用できません。 これはどうしてですか。

ソリューション

ライブラリのマップ情報には、物理的ロケーションに対するロジック ライブラリ名が表示されます。 シミュレーションが ModelSim に読み込まれると、これらのマップ情報を検索リストとして使用することはできません。

Verilog の場合、ライブラリ検索リストを指定する必要があります。 ライブラリ検索リストは、ソース コードで `uselib コマンドを使用して指定するか、シミュレーション情報を ModelSim に読み込む際に vsim コマンドで指定します。 VSim コマンド ラインは次のようになります。

vsim -L <library_name> work.toplevel work.glbl

<library_name> には、使用される UniSim/SimPrim ライブラリが入ります。

'uselib コマンドの構文は次のようになります。

`uselib lib=<library_mapping_name>

<library_mapping_name> は、ModelSim でライブラリに割り当てられるエイリアスになります。 マップされているライブラリを確認するには、ModelSim のメニューから [Design] -> [Browse Libraries] をクリックしてください。

このオプションを使用しない場合、次のようなエラー メッセージが表示されます。

"# ERROR: C:/pathtofile/myfilename.v(96): Instantiation of 'SRL16' failed (design unit not found).
# Region: /myfilename
# Searched libraries:
# work"

glbl.v ファイルの使用方法については、(Xilinx Answer 6537) を参照してください。
AR# 9717
日付 12/15/2012
ステータス アクティブ
種類 一般
このページをブックマークに追加