「Sensors Expo 2018」- ザイリンクスのアダプティブ インテリジェンス

ワークショップのハイライト

Avnet 社とザイリンクスが AI、センサー フュージョン、コンピューター ビジョン向けの最新のアダプティブ開発プラットフォームを紹介し、デモンストレーションを実施します。ザイリンクスのアダプティブ インテリジェンスを使用して独自の機械学習プラットフォームを開発する方法についての理解を深めることができます。

主なプレゼンテーション

  • 「Autonomous and Perception Trends Driving Sensing and Computing Industries」(Yole 社)
  • 「Use Case: Pruning Neural Networks」(Deephi 社)
  • 「reVISION Software Stack Deep Dive: OpenCV and Sensor Platforms」(ザイリンクス)
  • 「Sensor Fusion for ADAS using Xilinx reVISION Software Stack」(Avnet 社、Phantom Intelligence 社)

 

ザイリンクスの参加

ワークショップ: Executive Ballroom E
McEnery Convention Center
サンノゼ (カリフォルニア州)

6 月 27 日 (水)
10:00AM – 2:00PM

カンファレンスへ参加

ザイリンクス カンファレンスへの参加
ザイリンクスは、次のカンファレンス セッションでプレゼンテーションを行います。

「Machine Learning for IIoT Preventive Maintenance」
6 月 28 日 (木)
1:30 – 2:20PM
開催場所: 会議室 211CD (McEnery Convention Center)
トラック:「Designing for the Industrial & Embedded IoT」

Predictive Maintenance (予知保全) は、インダストリアル IoT において収益化を考える上で重要視されるエリアの一つです。予知保全による高度な故障予測は、量産中の生産ラインにおける予想外のダウンタイムを大幅に削減できます。

このセッションでは、機械学習や高度な解析機能をシステムに統合するエンドポイントからクラウドまでの実世界のフレームワークを提供し、予防的なソリューションから予測的なソリューションへ移行することで製造効率と生産性を向上させます。