世界最大の電波望遠鏡にザイリンクス製品が搭載

ザイリンクスの Alveo U55C カードを採用した CSIRO のケース スタディ

宇宙の謎を解く

世界最大級の電波望遠鏡 Square Kilometer Array (SKA) を構築するオーストラリア連邦科学産業研究機構 (CSIRO) は、エンドツーエンドの信号パケット処理をリアルタイムに実行する技術を求めて、ザイリンクス製品に注目しました。

ザイリンクスの Alveo U55C アクセラレータ カードを使用し、入力データに対してエンドツーエンドの信号パケット処理を実行することで、望遠鏡の相関器とビームフォーミング システムは 15Tbps の連続するリアルタイム データフローが可能になります。

CSIRO のケース スタディでは、宇宙の全体像をイメージして新たな発見を可能にするために、U55C カードをいかに活用しているのかを学ぶことができます。このカードを使用することで、望遠鏡の性能を劇的に向上させることができる上に、コスト、面積、消費電力も削減できます。