予防保全

Industry 4.0 や IIoT (Internet of Industrial Things) として知られている第 4 次産業革命の到来によって、機械や装置が急速にインテリジェント化し、通信機能を備えるようになってきました。このコネクティビティによって、稼動領域 (OT) のデータを IT 領域へと送ることができるようになりました。コネクティビティが充実し、これまで簡単に入手できなかった情報をセンサーによって大量に生成されるようになり、これらの通信機能を備えた機械や装置は、より効率的かつ確実に稼動できるようになりました。IIoT を理解している企業は、稼動コストを継続的に削減するために、産業革命の次の局面の課題に対応する必要性を感じています。   

これを達成する 1 つの方法は、ダウンタイムを最小限に抑えて資産を最大化することです。豊富なセンサー データと資産関連のライフサイクル パラメーターを提供し、最新のデータ解析機能を使用することで、企業は「予防」保全ではなく、「予防」保全に焦点を合わせるようになってきました。このアプローチを使用することで、企業は、資産をオフラインにすることなく、通常のメンテナンスではコスト高となるダウンタイムを回避し、長時間の稼動でより効率的かつ確実に資産を管理できるようになります。稼働時間の延長、つまり、データ分析によって特定の資産または資産の一部のメンテナンスが必要なタイミングが示されるまで稼働し続けることができ、その結果、コスト高を招くシステム エラーを回避することができます。

ザイリンクスのプログラマブル テクノロジは、データを生成するセンサーとデータ処理のリンク機能を提供することで、予防保全システムへの移行を可能にします。ザイリンクス テクノロジの柔軟な I/O、HW/SW 処理、フィルター機能、パターン検出、および解析機能を使用することで、予防保全システムの正確な判断に不可欠となるセンサー データが確実に処理され、システム エラーや資産障害が生じる前に対応できるようになります。