次世代システムの
未来をかたちに

ソフトウェア定義ハードウェア最適化

業界のメガトレンド

  • CloudRAN
  • Massive MIMO
  • バックホール
  • フロントホール
  • ベースバンド
  • スモール セル
詳細
  • ADAS
  • マシン ビジョン
  • 8K ディスプレイ & トランスポート
  • 監視システム
  • ミリタリ ビジョン システム
  • ドローン
詳細
  • モーション コントロール
  • M2M (マシンツーマシン)
  • 予防保全
  • スマート エネルギー / スマート グリッド
  • スマート 医療
  • ビッグデータ分析
詳細
  • CloudRAN
  • DNN (Deep Neural Network)
  • 画像/音声認識
  • クラウドのビデオ
  • ビッグデータ分析
  • データセンター インターコネクト
  • SSD ストレージ
詳細

機械学習

さまざまなエンドマーケットで急速に拡大している機械学習アプリケーションは、エッジ側、クラウド側、またはそれらの両方に導入されています。 ザイリンクスは、高性能かつ高効率なニューラル ネットワーク、アルゴリズム、およびアプリケーションを展開するための開発スタックとハードウェア プラットフォームを提供しています。

詳細

よりスマートで、つながって、差別化されたシステム

2020 年までに 500 億を超えるデバイスやマシンがネット上でつながるといわれています。接続時には、ハードウェア レベルで攻撃/不正操作を阻止できるようセキュリティ対策を講じる必要があります。デバイス、マシン、システム、ネットワークが状況を認識 (コンテキスト アウェアネス) できるようになると、より高度なプログラマビリティとソフトウェア定義による周辺環境や要求への対応を余儀なくされます。拡張性も必要となり、これまで以上に多数の機能を仮想化して、共通の計算リソースへの効率的なマップや、いたるところにあるセンサーやカメラからデータや映像をキャプチャして、その分析結果に基づいて認識、理解、判断、動作する必要があります。

このようなシステムおよびネットワークは、瞬時につながることを期待するエンドユーザーや低レイテンシの即時応答を求めるリアルタイムにも対応しなければなりません。その一方で、これまで以上に高度なアルゴリズムを使用して、消費電力をできるだけ最小限に抑えながら、大量のデータ、パケット、ピクセルを処理する必要性も生じます。さらに差別化要素もなければ、ますます激化する競争とコスト重視の世界市場で生き残ることが難しくなります。これらを実現するには、ソフトウェア インテリジェンス、ハードウェア最適化、コネクティビティのすべてが必要です。

ザイリンクスのソリューションは、最高のソフトウェア インテリジェンスにハードウェアの最適化と「any-to-any」コネクティビティを組み合わせて、よりスマートで、つながって、差別化されたシステムを実現します。