エンベデッド ビジョン

システムの高度な差別化と高い応答性が要求される
エンベデッド ビジョン アプリケーション開発を
加速し、最新アルゴリズムやイメージ センサーの
迅速な導入を可能にする
– ザイリンクス製品でのみ実現

市場状況

エンベデッド ビジョンは、今日の技術において最もエキサイティングな分野の 1 つです。ザイリンクスは、エンベデッド ビジョンをエレクトロニクス業界の未来をつくる重要かつ広範なメガトレンドとして考えています。

機械に視覚と知覚機能を与え、実世界に即座に応答できる能力を与えることは、システムを差別化するチャンスとなり得ますが、実際に設計者が次世代アーキテクチャを構築して市場へ送り出すには大きな課題に直面します。複数のイメージ プロセッシング パイプラインでビデオ I/O やビジョン I/O などの性質が異なるサブシステムを統合し、これらのエンベデッド ビジョン システムがリアルタイムにビジョンベースの解析を実行できるようにするには、ハードウェア チームとソフトウェア チームが密接に連携して複雑な作業を行う必要があります。市場でタイムリーかつ適切に対応するために、大手開発チームは次世代システムの構築にザイリンクス デバイスを活用し、ハードウェア、ソフトウェア、および I/O 機能のプログラマビリティを確保しています。

エンベデッド ビジョン向けザイリンクス ソリューション

ザイリンクスは、エンベデッド ビジョン開発者向けにハードウェアとソフトウェア両方の設計をサポートする環境を提供しています。ザイリンクス デバイスには FPGA、SoC、および MPSoC があります。

ザイリンクスの Vivado HLx 設計環境では、最新のエンベデッド ビジョン ハードウェアを開発するハードウェア/プラットフォーム開発者をサポートします。これらのツールは、業界最新の高帯域幅センサー インターフェイスをサポートしています。SDSoC などのザイリンクス SDx ツールでは、ソフトウェアおよびアルゴリズム開発者が C、C++、OpenCL 言語などの使い慣れた Eclipse ベースの環境で開発を進めることができます。

ザイリンクスの reVISION スタックは SDx のコンセプトに基づくソリューションで、AlexNet、GoogLeNet、SqueezeNet、SSD、FCN などの一般的なニューラル ネットワークのほかに、カスタム ニューラル ネットワーク (CNN/DNN) を構築するのに必要な関数要素など、OpenCV や機械学習の推論をサポートします。これは、迅速な開発をサポートするコンピューター ビジョン向けの広範な OpenCV 関数によってサポートされています。


ニーズに合わせてデザインされたソリューション

SDSoC 環境

Zynq SoC 開発向けのエンベデッド C/C++ アプリケーション環境

Zynq UltraScale+ MPSoC

最高レベルのセキュリティと安全性を備えた業界初マルチプロセッシング SoC

Zynq-7000 SoC

広帯域のビデオ/ビジョン アプリケーション向けの理想的な Arm® ベースのプロセッサと FPGA ハードウェア プログラマビリティの組み合わせた SoC

ビデオ処理

マルチチャネルおよび4 K 向けのビデオ システム リファレンス デザイン

IP

ザイリンクスおよびアライアンス パートナーが提供するビデオ/ビジョン向けの IP で市場参入をさらに加速

ボードとキット

ザイリンクスおよびアライアンス パートナーが提供するボードとキットでビデオ システム開発をすぐに開始

19%

2015 年 ~ 2020 年までの
商用ドローンの CAGR (平均成長率)

出典:Business Insider

1 million

2020 年には100 万ドル ユニットの
仮想現実デバイスが
3800 万ユニットに成長

80%

5 年以内にインターネット全体に
対してオンライン ビデオが占める率