UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

Alveo U50 データセンター アクセラレータ カード

概要

製品説明

ザイリンクスの Alveo™ U50 データセンター アクセラレータ カードは、金融コンピューティング、機械学習、計算用ストレージ、データ検索/分析などあらゆるワークロードに対応し、最適化されたアクセラレーション機能を提供します。ザイリンクスの UltraScale+™ アーキテクチャをベースに構築され、75 ワットと電力効率に優れたロープロファイル型のフォームファクターにパッケージングされた U50 は、100Gbps ネットワーク I/O、PCIe Gen4、HBM を統合し、あらゆるサーバー形態で運用可能です。

Alveo アクセラレータ カードは、変化するアクセラレーション要件やアルゴリズム規格に柔軟に対応でき、ハードウェアを変更しなくてもあらゆるワークロードを加速できる上に、総保有コスト (TCO) を削減できます。

Alveo アクセラレータ カードの利用は、一般的なデータセンター ワークロード向けにザイリンクスおよびパートナーが提供するアプリケーションの広範なエコシステムでサポートされています。カスタム ソリューションを構築する場合は、アプリケーション開発者ツール (SDAccel™ ツール) および Machine Learning Suite を利用することで、差別化したアプリケーションを市場へ送り出すことができます。


主な機能と利点

高い性能と効率性

  • 8GB HBM メモリと PCIe Gen4 インターコネクトで、より高速なアプリケーション性能を実現
  • 4x 10GbE、4x 25GbE、1x 40GbE、1x 100GbE をサポートする 100G ネットワークで低レイテンシのネットワーク性能を提供

適応性 – あらゆるワークロードを高速化

  • 計算、ネットワーク、ストレージのワークロードを高速化
  • 再構成可能なファブリックを採用しているため、ワークロードやアルゴリズムの進化に合わせてアプリケーションの性能を最大限に引き上げることが可能 - 固定アーキテクチャでは不可

アクセシブル - クラウド <-> オンプレミス間のモビリティ

  • スケールアウト アーキテクチャにより、オンプレミスとクラウド間のデータベース移行が可能
仕様

カード仕様

製品仕様の一覧は、データシート (日本語版) を参照してください。

ボードの仕様 Alveo U50 アクセラレータ カード
A-U50DD
(ES)
A-U50
(プロダクション)
演算リソース
ルックアップ テーブル (LUT) 872K 872K
レジスタ 1,743K 1,743K
DSP スライス 5,952 5,952
寸法
高さ ½ ½
長さ ½ ½
[Width] シングル スロット シングル スロット
メモリ
HBM メモリ容量 8GB 8GB
HBM 総帯域幅 316GB/s * 316GB/s *
内部 SRAM の容量 28MB 28MB
内部 SRAM の総帯域幅 24 TB/s 24 TB/s
インターフェイス
PCI Express Gen3x 16、2 x Gen4x 8、CCIX Gen3x 16、2 x Gen4x 8、CCIX
ネットワーク インターフェイス 2x SFP-DD (50GbE) 1x QSFP28 (100GbE)
タイムスタンプ
クロック精度 IEEE 1588 IEEE 1588
消費電力と熱
最大総消費電力 75W 75W
熱冷却 パッシブ パッシブ
ツール サポート
SDAccel 開発環境
Vivado Design Suite

*A-U50DD-P00G-ES3-G および A-U50-P00G-PQ-G の測定結果で HBM2 のピーク帯域幅は 316GB/s、公称帯域幅は 201GB/s である。

ソリューション

一般的なワークロードに対応するソリューションを提供するため、ザイリンクスとそのパートナーによるエコシステムを構築しました。Alveo データセンター アクセラレータ カードは、幅広いアプリケーションで大幅な高速化を実現できると同時に、その再構成可能な特性を生かして、最新のデータセンターの多様なワークロードに対応できます。Alveo データセンター アクセラレータ カードの性能と従来の CPU アーキテクチャの比較をご覧ください。

資料
Filter Results
デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付
設計開始

ダウンロードおよび設計開始


  • カードのインストール手順
  • ザイリンクス ランタイムおよびターゲット プラットフォームのインストール
  • 起動と検証
  • Vitis で C/C++ および OpenCL を使用する設計
  • Vivado で RTL および Hlx フローを使用する設計

Alveo U50 パッケージ ファイルのダウンロード

Alveo データセンター アクセラレータ カードをターゲットとする場合、最適な設計フローとして Vitis™ ソフトウェア プラットフォームの使用が推奨されます。Vitis を使用して運用/開発する手順は次のとおりです。FPGA 設計経験をお持ちであれば、RTL や Hlx などの従来の設計フローを使用いただけます。このフローでは、Vitis プラットフォームをインストールする必要はありません。

Vitis デザイン フロー

オンプレミスでアプリケーションを運用する場合の Alveo U50 のセットアップ

U50 アクセラレータ カードでアプリケーションを運用/開発する場合は、手順 1 と 2 に従ってください。

1.

ザイリンクス ランタイムをダウンロード

ザイリンクス ランタイム (XRT) は、ホストとカード間の下位通信レイヤー (API とドライバー) です。

重要: XRT をインストールする前に次のコマンドを入力してください。

RedHat:

sudo yum-config-manager --enable rhel-7-server-optional-rpms

sudo yum install -y https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm

CentOS:

sudo yum install epel-release

2.

運用ターゲット プラットフォームのダウンロード

運用ターゲット プラットフォームは、物理的に実装された通信レイヤーであり、カードへの書き込みを実行します。


独自の U50 アクセラレータ アプリケーションを構築

手順 1 と 2 の後に、手順 3 と 4 に従って Vitis 設計フローを使用して U50 で開発します。

3.

開発ターゲット プラットフォームのダウンロード

独自のアプリケーションを構築する場合は、ターゲット プラットフォーム インターフェースが必要です。

4.

Vitis デザイン環境のダウンロード

ザイリンクス Vitis ソフトウェア プラットフォームは、高速化されたアプリケーション開発用のフレームワークを提供します。


以前のバージョンのパッケージ ファイルは、パッケージ ファイルのアーカイブ ページにアクセスしてください。

Vivado デザイン フロー

 

 

 

 

このページをブックマークに追加