Alveo U55C 高性能コンピュート カード

  • 価格: $4,395.00
  • パーツ番号: A-U55C-P00G-PQ-G
概要

製品説明

ザイリンクスの Alveo™ U55C 高性能コンピュート カードは、高性能コンピューティング (HPC)、ビッグデータの分析と検索、金融コンピューティング、計算用ストレージ、機械学習などのあらゆるワークロードに対応し、最適化したアクセラレーション機能を提供します。

ザイリンクスの高性能 Virtex™ XCU55 UltraScale+ FPGA を搭載した Alveo U55C カードは、広帯域幅メモリ (HBM2) と 200Gbps の高速ネットワーク機能をシングル スロットのスモール フォーム ファクター カードに統合した、あらゆるサーバーでの運用に対応できるカードです。

U55C アクセラレータ カードには、新たにザイリンクスの規格ベースの API 駆動型クラスタリング ソリューションが備わり、C/C++ プログラミングにも対応しています。このソリューションは、計算負荷の高い大規模ワークロードに最適であるため、1000 ノード以上の大規模な環境で FPGA の性能優位性が顕著に現れます。特定のハードウェアの依存しないため、設計者は、既存のデータセンター インフラやネットワークを利用して、簡単に HPC クラスタリングを実装できます。

PCI Express® (PCIe®) Gen3x16 またはデュアル Gen4x8 をサポートし、460GB/s 帯域幅をで 16GB の広帯域幅メモリ (HBM2)、さらにデュアル QSFP28 コネクタで 2 x 100Gb/s のイーサネット ネットワーク機能が含まれています。

Alveo アクセラレータ カードの利用は、一般的なデータセンター ワークロード向けにザイリンクスおよびパートナーが提供するアプリケーションの広範なエコシステムでサポートされています。カスタム ソリューションを構築する場合は、アプリケーション開発者ツール  (Vitis™ 環境) および Machine Learning Suite を利用することで、差別化したアプリケーションを市場へ送り出すことができます。

Alveo U55C カードでの開発には Alveo プログラマブル ケーブルが必要です。マイクロ USB に対応し、ホスト PC から Alveo U55C カード メンテナンス コネクタ間を接続します。

Alveo 付属品

主な機能と利点

高い性能と効率性

  • 16GB HBM メモリと PCIe Gen4 インターコネクトで、より高速なアプリケーション性能を実現
  • 8x 25GbE または 2x 100Gb をサポートする 2x100G ネットワークで低レイテンシのネットワーク性能を提供。

適応性 – あらゆるワークロードを高速化

  • 計算、ネットワーク、ストレージのワークロードを高速化
  • HPC ワークロード (コンピューター支援エンジニアリング (CAE)、ビッグ データ分析、Finite Engineering Method (FEM)、信号処理) に最適
  • スケールアップ/スケールアウト システム アーキテクチャに最適

アクセシブル - クラウド <-> オンプレミス間のモビリティ

  • スケールアウト アーキテクチャにより、オンプレミスとクラウド間のデータベース移行が可能
  • ネットワークに接続
  • COTS ソリューションの拡張が可能
  • 標準的な DC で運用可能
  • 既存の DC インフラを使用可能
仕様

カードの仕様

製品仕様の一覧は、データシート を参照してください。

ボードの仕様 Alveo U55C 高性能コンピュート カード
演算リソース
ルックアップ テーブル (LUT) 1,304K
レジスタ 2,607K
DSP スライス 9,024
サイズ
高さ フルハイト
長さ ハーフレングス
シングル スロット
メモリ
DDR メモリ容量 16 GB
HBM 総帯域幅 460GB/s
内部 SRAM の容量 43 MB
内部 SRAM の総帯域幅 35 TB/s
物理インターフェイス
PCI Express Gen3x 16、2 x Gen4x 8
ネットワーク インターフェイス 2x QSFP28
ツール サポート
Vitis 開発環境
プラットフォーム
Vitis 統合ソフトウェア プラットフォーム Gen3x16 XDMA
Vivado Design Suite
消費電力と熱
最大総消費電力 150W
標準電力 115W
熱冷却 パッシブ
ターゲット ワークロード ビッグデータの分析と検索、金融コンピューティング、計算ストレージ、機械学習
ソリューション

データを多用し計算が集中するワークロードに対応するソリューションを提供するため、ザイリンクスとそのパートナー企業で構成されるエコシステムを構築しました。Alveo データセンター アクセラレータ カードは、幅広いアプリケーションで大幅な高速化を実現できると同時に、その再構成可能な特性を生かして、最新のデータセンターの多様なワークロードに対応できます。

資料
デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付
開発を始める

Alveo U55C カード パッケージ ファイルのダウンロード

Alveo データセンター アクセラレータ カードをターゲットとする場合、最適な設計フローとして Vitis™ ソフトウェア プラットフォームの使用が推奨されます。Vitis を使用して運用/開発する手順は次のとおりです。FPGA 設計経験をお持ちであれば、RTL や Hlx などの従来の設計フローを使用いただけます。このフローでは、Vitis プラットフォームをインストールする必要はありません。

Vitis デザイン フロー

オプションを選択して、一致するダウンロードファイルを取得。

Alveo U55C アクセラレータ カード
Vivado デザイン フロー
vivado-u50

RTL および HLx を使用する開発は、次の手順に従ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

Alveo U55C 高性能コンピュート カード

Alveo U55C

Alveo U55C

$4,395 / ボード
リード タイム: 16 週間
パーツ番号: A-U55C-P00G-PQ-G