UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

MicroBlaze マイクロ コントローラー システム (MCS)

MicroBlaze™ MCS コアは、コントローラー アプリケーション向けに高度に統合されたプロセッサ システムです。データとプログラムがローカル メモリ内に格納され、MDM (MicroBlaze Debug Module) がデバッグを実行します。また、標準的なペリフェラル セットも含まれているため、割り込みコントローラー、UART、タイマー、および汎用入力/出力などの基本的機能を提供します。

MicroBlaze MCS は、3 段パイプライン モードとしてあらかじめ設定された業界最高峰の MicroBlaze 32 ビット RISC ソフトプロセッサです。サイズは、ローカル メモリ アクセス、結合された IO モジュール、標準的なマイクロコントローラー ペリフェラル セットなどを含むコンフィギュレーションによって異なりますが前バージョンより 5 ~ 20% 削減されています。操作が簡単なグラフィカル インターフェイスを使用することで、最小フットプリントで最大パフォーマンスの MicroBlaze MCS をコンフィギュレートできます。

mb-mcs-diagram

MicroBlaze MCS は、パワフルなエンベデッド システムに課せられるオーバーヘッドを負担することなく、小規模マイクロコントローラー システムで必要な主要機能を提供します。MicroBlaze と MicroBlaze MCS を比較して適切なシステムを選んでください。

  MicroBlaze MCS
MicroBlaze
利用方法 ISE (v13.4 およびそれ以降) および Vivado ISE および Vivado
Web Edition で利用可能 はい はい (1)
コスト
無償 無償
コンフィギュレーション可能 ペリフェラルと I/O は固定、プロセッサはコンフィギュレーション可能 最大 70 のコンフィギュレーション オプション
パイプライン 3 段 3 段、または 5 段を選択可能
メモリ 4kB ~ 64kB ローカル メモリのみ (ブロック RAM) 仮想メモリ マネージャを介すローカルまたは外部メモリ (最大 4GB)
ストリーミング ポート いいえ はい
デバッグ はい、MicroBlaze デバッグ モジュール (MDM) を使用 はい、MicroBlaze デバッグ モジュール (MDM) を使用
ペリフェラル UART、割り込みコントローラー (オプションで低レイテンシ割り込み)、プログラマブル インターバル タイマー (x4)、固定インターバル タイム (x4)、汎用出力(x4)、汎用入力 (x4)、I/O バス Embedded Edition IP カタログから、複数のペリフェラルを使用できる
AXI-4 バス接続 いいえ はい
ソフトウェア サポート ザイリンクスのソフトウェア開発キット (SDK) またはその他の Eclipse ベースの IDE ザイリンクスのソフトウェア開発キット (SDK) またはその他の Eclipse ベースの IDE

(1) - ISE および Vivado WebPACK の場合 - MicroBlaze および MicroBlaze MCS は、最小規模 Zynq デバイスにデバイス ロックされています。.

MicroBlaze MCS のソフトウェア開発は、ソフトウェア デザイン キット (SDK) を使って行われます。SDK は、MicroBlaze や Zynq-7000 SoC を両方サポートする同じデザイン環境です。また、SDK は追加料金なしでご利用いただけます。

利用方法

Microblaze MCS は、Vivado IP カタログまたは ISE CORE Generator から利用でき、IDS Embedded Edition、Embedded Edition ライセンス、または Xilinx Platform Studio (XPS) は不要です。ロジック設計者は、IDS Logic Edition からスタンドアロン プロセッサベースのシステムをコンフィギュレートして利用できます。

ユーザーは、2 ステップのコンフィギュレーション フローを行うことができます。まず最初に、表 1 にリストされているとおりに、あらかじめ定義されたコンフィギュレーションを選択し、その後、使用ケースに適合するようにコンフィギュレーション オプションの微調整を行います。

使用法

MicroBlaze MCS は、Vivado IP カタログに含まれており、任意のプロジェクトに簡単に追加できます。ISE の場合は、CORE Generator を使用して Project Navigator または PlanAhead のソースとして追加されます。MicroBlaze MCS のコンフィギュレーション ウィザードを使用して、ほかのシステム オプションと同じように MCS ペリフェラルを設定できます。

このページをブックマークに追加