:  2019.2 のリリースより、ザイリンクス SDK、SDSoC™ および SDAccel™ 開発環境は、アプリケーション アクセラレーションおよびエンベデッド開発をサポートする、Vitis™ 統合ソフトウェアプラットフォーム に統合されます。このため、ザイリンクス SDx ツールの 2019.2 以降のリリースはありません。

レガシ ツールを使用したソフトウェア開発

ザイリンクスは、エンベデッド ソフトウェアやアプリケーション コードの開発をサポートする、ソフトウェア開発環境およびエンベデッド プラットフォームを開発し、使い勝手の良い画期的なツール、ライブラリ、設計手法など包括的なソリューションを提供しています。これらの環境は、開発時間を短縮させるだけではなく、必要に応じて簡単にカスタム ハードウェア アクセラレータを構築することも可能にします。

SDx 開発環境およびエンベデッド コンピューティング

SDAccel と SDSoC は、エンベデッド アプリケーション向けに C、C++、OpenCL に対応する GPU と同様の使いやすい、開発およびランタイム環境を提供します。SDNet はネットワーキング エンジニアが高性能プログラマブル データ プレーン デザイン構築をできるようサポートします。これらすべてで、ザイリンクス/サードパーティが提供するさまざまなボード、ライブラリ、ツールがサポートされています。

ザイリンクスのエンベデッド開発/ランタイム環境およびツールには、Arm または Microblaze ベースのプラットフォーム開発を対象とした包括的なトレーニングとサポートが含まれます。ユーザーはデバッガーやコンパイラなどのツールを利用でき、また Linux 環境や複数の OS 環境にも対応しています。これらのエンベデッド ランタイム環境は、ビデオ、Github、Wiki などのオープン ソース リソースで提供されている開発サポートのリファレンス デザインおよびライブラリを使用する複数のボードをターゲットとしています。