高位設計フローの特長

ここでは、高位設計を効率化するための Vivado® ML 機能について簡単に説明します。タブをクリックすると、各機能の説明を表示できます。

Vitis HLS

Vitis 高位合成

近年、AI、ワイヤレス、医療、防衛、および民生用アプリケーションで使用されている高度なアルゴリズムは、従来に比べてはるかに高機能化されています。すべての Vivado Edition の無償アップグレードに含まれている Vitis™ 高位合成により、移植可能な C++ 仕様を RTL を作成せずに直接ザイリンクス デバイスをターゲットにできます。Vivado HLS は、Vitis と Vivado 両方の設計環境をサポートしているため、ソフトウェア設計者とハードウェア設計者が同じ環境でカーネルや IP の生成を迅速に行うことができます。

  • アルゴリズム記述、データ型の仕様 (整数、固定小数点、浮動小数点)、およびインターフェイス (FIFO、メモリ、AXI4) の抽象化
  • 任意精度データ型、ストリーム、およびベクトル化されたデータ型のビルトイン サポートを提供する広範なライブラリ
  • 最高の QoR (結果品質) を生み出す命令駆動型でアーキテクチャ対応の合成
  • 手作業でコード化した RTL に匹敵する QoR を迅速に生み出す
  • C/C++ テストベンチ シミュレーションを使用する迅速な検証、自動の VHDL/Verilog シミュレーションおよびテスト ベンチ生成
  • ザイリンクスのオンチップ メモリ、DSP エレメント (浮動小数点タイプを含む) を自動的に使用

ライブラリ

Vitis HLS には、次のライブラリが含まれています。

名称 説明

任意精度データ型

整数および固定小数点 (ap_int.h)

HLS ストリーム

ストリーミング データ構造用のモデル。最高の性能とエリアの達成を目的とする (hls_stream.h)

ベクトル型

ベクトル化された型と演算 (hls_vector.h)、任意精度型を含む

HLS Math

浮動小数点型と固定小数点型の関数をサポート: abs、atan、atanf、atan2、atan2、ceil、ceilf、copysign、copysignf、cos、cosf、coshf、expf、fabs、fabsf、floorf、fmax、fmin、logf、fpclassify、isfinite、isinf、isnan、isnormal、log、log10、modf、modff、recip、recipf、round、rsqrt、rsqrtf、1/sqrt、signbit、sin、sincos、sincosf、sinf、sinhf、sqrt、tan、tanf、trunc


Vitis 高位合成ツールは、Github で入手できる性能に最適化された Vitis ライブラリもサポートしています。これらのライブラリを利用することで既存のアプリケーションに最小限のコード変更を加えるだけで (場合によっては変更を加えずに)、すぐに高速化を実現できます。一般的な Vitis アクセラレーション ライブラリには、高度な計算、統計、線形代数、および DSP などがあり、幅広いアプリケーションに役立つ重要な機能を提供します。これらのライブラリは、OpenCV を使用したビジョンや画像処理、数理ファイナンス、データベース、データ分析、データ圧縮などのワークロードを高速化します。

IP インテグレーター

IP インテグレーター

Vivado® ML Edition は、業界初のプラグアンドプレイ IP を使用する統合設計環境を提供し、その IP インテグレーター機能を活用することによって、RTL デザインの限界を超える優れた生産性をもたらします。

Vivado IP インテグレーターは、グラフィカルおよび Tcl ベースで、検証しながら開発を進めることができるデザイン開発フローを提供します。この機能は、主要 IP インターフェイスの自動接続、ワンクリックでの IP サブシステム生成、リアルタイム DRC、インターフェイス変更伝搬、そして高性能デバッグ機能の併用をサポートする、デバイスとプラットフォームに対応できる対話型の環境です。

設計者は、IP 間の接続を行う際に信号レベルの抽象化ではなく、インターフェイス レベルで対応できるため、生産性が劇的に向上します。 多くの場合、AXI4 インターフェイス規格を使用しますが、IP インテーグレーターでは、その他にもさまざまなインターフェイスがサポートされています。

インターフェイス レベルで作業を進められるため、デザイン チームは、Vitis HLS や Model Composer、ザイリンクス SmartCore™、LogiCORE™ IP、アライアンス メンバー IP、あるいはユーザー独自が開発した IP を利用する複雑なシステムをすばやく組み立てることができます。Vivado の IP インテグレーターおよび HLS 機能を組み合わせて利用することによって、RTL デザインより最大 15 倍の開発コスト削減が可能です。

Vivado IP インテグレーターの主な機能と利点

  • IP インテグレーターの階層的サブシステムをデザインにシームレスに統合
  • IP インテグレーター デザインをすばやく統合して 再利用のためにパッケージ化
  • グラフィカルおよび Tcl ベースのデザイン フローをサポート
  • 迅速なシミュレーションおよび複数のデザイン ビューでクロスプロービングが可能
  • プロセッサを使用するデザインおよびプロセッサなしのデザインをサポート
  • アルゴリズムの統合 (Vivado HLS および Model Composer) および RTL レベル IP の統合
  • DSP、ビデオ、アナログ、エンベデッド、コネクティビティ、およびロジックの組み合わせ
  • DFX フロー ベースのプロジェクトをサポート
  • デザイン アセンブリ中に複雑なインターフェイス レベルの接続に対して DRC を実行
  • 一般的な設計エラーの検証および修正
  • 相互接続された IP へパラメーターを自動的に伝搬
  • システム レベルの最適化
  • 自動化された設計アシスト機能
  • ブロック デザイン コンテナーを用いたチームベースの設計により、再利用性とモジュール設計を実現
  • ソース ファイルと生成ファイルを分けることでリビジョン管理が改善
  • 2 つのブロック デザインを比較するための Block Design Diff ツール

Vitis 高位合成と Vitis Model Composer を使用する C ベースの IP 生成

ザイリンクスのプログラマブル ソリューション向け ESL (電子システム レベル) デザイン ツールの Vivado では、C、C++、SystemC 用の Vitis™ 高位合成を提供しております。DSP 用の Vitis Model Composer をアドオンで購入可能です。これらのソリューションでは、高級言語で記述された IP 仕様を VHDL や Verilog に直接合成できるため、IP の検証時間が 100 倍以上高速化し、RTL 変換は最大 4 倍高速化します。密接に統合されたツールは、個々にあるいは Vivado ML で使用される再利用可能な IP と組み合わせて利用できます。

Dynamic Function eXchange (DFX)

Dynamic Function eXchange (DFX)

Dynamic Function eXchange は、パーシャル ビット ファイルをダウンロードしてロジック ブロックを動的に修正する機能で、その他ロジックは中断せずにそのまま保持できます。ザイリンクス DFX テクノロジでは、オンザフライで機能を変更できるため、すべてのリンクを再び設定して確立する必要がなくなり、FPGA および SoC の柔軟性を最大限に活用できるようになります。これは、プラットフォーム ベースのデザイン フロー、特に Alveo アクセラレータ カードの設計で有効です。Dynamic Function eXchange を使用することで、デバイス数を少なくしたり、小規模デバイスへ移行でき、消費電力の削減とシステム強化が可能になります。必要なときにいつでも必要な機能をロードできるため、シリコンをより効果的に使用できます。

Dynamic Function eXchange ソフトウェア

FPGA または、SoC 全体の動作を継続したまま、一部分をリコンフィギュレーションするために、Vivado® ML Design Suite ソフトウェア ツールが機能のロックを解除します。この最新ソリューションは、Vivado ML Design Suite の優れたインプリメンテーション機能を利用して、リコンフィギュレーション可能なデザインの構築にかかる負担を軽減します。ユーザーは、Tcl ベースの非プロジェクト フロー、または RTL/IP ベースのプロジェクト フローを使用してデザインを実装できます。2021.1 からは、ブロック デザイン コンテナーを用いた IP インテグレーター (IPI) デザインのサポートが追加されています。RTL および IP ベースのプロジェクトモードは、Vivado IDE 内でサポートされており、基本フローの詳細は自動的に管理されます。設計フローのエントリ ポイントには、Vitis や HLS で処理される高位言語が使用されています。ダイナミック領域を低次領域に細分化できる Nested DFX や、インプリメンテーション ツール フローを効率化してランタイムを大幅に向上させる抽象化シェルなどの高度なフロー機能は、ノンプロジェクト モードでも利用可能です。

設計者がパーシャル リコンフィギュレーションの設計をより迅速かつ簡単に行えるように、4 つのコアを提供しています。Dynamic Function eXchange Controller は、ハードウェア ベースのコンフィギュレーション コントローラーであり、トリガーやアービトレーションからビットストリーム作成やエラー処理に至るまで、リコンフィギュレーションに関するすべての側面を管理できます。 Dynamic Function eXchange Decoupler は、PR Controller またはその他のカスタマー コントローラーと併用され、リコンフィギュレーションされるダイナミック領域を安全に分離できます。Dynamic Function eXchange AXI Shutdown Managerは、リコンフィギャラブル パーティションを安全に再構成できるように AXI インターフェイス上のアクティビティを中断します。Dynamic Function eXchange Bitstream Monitor は、パーシャル ビットストリームをデバッグおよび監視することによって、バージョンやターゲットの互換性を確保します。

最小デバイス (Artix-7 の一部、すべての Spartan-7) を除くほとんどの 7 シリーズおよび Zynq®-7000 デバイスは Dynamic Function eXchange をサポートしています。Vivado Design Suite は UltraScale™ を完全にサポートし、すべてのデバイスでビットストリーム生成まで可能です。UltraScale+™ デバイスでのサポートは、ほぼすべてのプロダクション デバイスが対象です。Vivado 2021.1 では、Versal のサポートがプロダクション ステータスとして追加されています。詳細は、『DFX Reconfiguration ユーザー ガイド』 (UG909) の付録 A  を参照してください。

UltraScale は、パーシャル リコンフィギュレーション技術に新たな進化をもたらし、ほとんどすべての FPGA リソース タイプ (I/O、ギガビット トランシーバー、クロッキング ネットワークなど) のリコンフィギュレーションを可能にします。UltraScale+ では、ビットストリーム転送を強化し、リコンフィギュレーション モードを拡張することによりさらなる機能改善を実現しました。最近では、Versal のサポートが進み、ソフトウェア ベースのリコンフィギュレーション管理、再構成可能な NoC (Network-on-a-Chip)、共有メモリ アクセス、フロアプランの精度と効率化が追加されています。

大学教授および研究員の方は、ザイリンクス ユニバーシティ プログラム (XUP) から旧バージョンの Vivado ソフトウェア ライセンスを入手可能です。ライセンス取得に必要な要件および手続きの詳細は、こちらをご覧ください。

主な機能と利点

  • Vivado IDE は、HDL からビットストリーム生成までの RTL、IP インテグレーター プロジェクト モードをサポート
  • スタティック/リコンフィギャラブル モジュールのデータベースを効率的に管理
  • 不完全なモジュールを削除できるブラック ボックス ビットストリームをサポート
  • ユーザーがリコンフィギャラブル モジュールの変形を管理する方法を判断
  • モジュールが追加/削除される間、メモリ内でスタティック デザインをオープンにする
  • フロアプラン機能で、リコンフィギュレーションされるリソースを判断
  • ツールがパーティション インターフェイスを自動管理 (オーバーヘッドが不要)
  • デザイン ルール チェック (DRC) がデザイン構造やコンフィギュレーションを検証
  • 標準のタイミング クロージャ技術が適用される
  • バージョン 2019.1 以降、Vivado WePack Edition を含むすべての ML Design Suit エディションに Dynamic Function eXchange 機能が追加費用なしで含まれています。
  • Versal がサポートされている
  • 7 シリーズのすべてのデバイスがサポートされているわけではない
Vitis Model Composer

Vitis Model Composer

Model Composer は、 MathWorks MATLAB® および Simulink® 環境内での効率的なデザイン探索を可能にするモデルベースの設計ツールで、自動コード生成機能によりザイリンクスのデバイスをベースとする迅速な製品化をサポートします。ユーザーはアルゴリズムを設計し、それらを性能重視で最適化されたブロックを使用して反復し、システム レベル シミュレーションで論理的に正しいかどうかを検証できます。Vitis Model Composer は、自動最適化機能によってデザインをプロダクション品質のインプリメンテーションに変換します。このツールには、200 を超える HDL、HLS、AI エンジン ブロックを含むライブラリが含まれており、ザイリンクス デバイスでのアルゴリズムの設計および実装を可能にします。また、カスタムの HDL、HLS、AI エンジン コードをブロックとしてツールにインポートすることも可能です。Vitis Model Composer には、2020.2 以降、スタンドアローン ツールとして提供されなくなったザイリンクスの System Generator for DSP の機能がすべて含まれています。

Vitis Model Composer では、次のことが可能になります。

  • AI エンジンとプログラマブル ロジックをターゲットとする最適化されたブロックを使用してデザインを作成する。
  • シミュレーション結果を視覚化して分析し、MALTAB® および Simulink® を使用して生成されたゴールデン リファレンスと出力を比較する。
  • AI エンジン ブロックとプログラマブル ロジック (HLS、HDL) ブロックの協調シミュレーションをシームレスに実行する。
  • デザインのコード (AI エンジンのデータフロー グラフ、RTL、HLS C++) とテストベンチを自動生成する。
  • カスタマイズした HLS、AI エンジン、RTL コードをブロックとしてインポートする。

*注記:

Vitis Model Composer は、Vivado ML のすべてのエディションでアドオン ライセンスとして購入できます。

ダウンロードと購入についての詳細は、Vitis Model Composer をご覧ください。

主な特長

  • 高位記述: アルゴリズムを中心とする機能重視の構築ブロックを利用することで、簡単にデザインを模索できるようになります。
  • ベクトルと行列をサポート: フレーム ベースのアルゴリズム設計が可能になるため、実装のために中間の低レベル モデルに移行する時間と労力を削減できます。
  • アプリケーション特定ライブラリ: 性能に最適化されたコンピューター ビジョン、演算、および線形代数ライブラリが、ザイリンクスのデバイス上でのシミュレーションおよび高性能実装用ブロックとして提供されています。
  • カスタム ブロックとして合成可能な C/C++ ブロックをインポート: シミュレーションやコード生成のために独自のカスタム ブロックを作成できるため、差別化されたアルゴリズム設計が柔軟になります。
  • Simulink とのシームレスな統合: Simulink 製品ファミリのブロックと直接接続することで、システム レベルのモデリングやシミュレーションが可能になり、Simulink のグラフィカル環境のスティミュラス生成やデータ視覚化機能をフルに活用できます。
  • 整数、浮動/固定小数点をサポート: Simulink でサポートされている浮動小数点/整数データ型および Vivado HLS でサポートされている固定/半精度データ型をサポートしています。
  • 自動最適化: Simulink 内でアルゴリズム仕様を分析し、自動最適化を実行してマイクロアーキテクチャに変換します。スループットが最適化され、ブロック RAM の使用率が削減し、ブロックの同時実行が可能になります。
  • IP 作成が迅速化: シミュレーション可能なデザインを Vivado IP インテグレーターで使用できる RTL IP パッケージに変換することで、プラグアンドプレイ IP 統合設計環境を活用して複雑なデザインに対応できます。
  • System Generator for DSP の利用: Model Composer の使いやすさとシミュレーション速度の利点を生かして、一部のデザインの合成済み RTL を新しいカスタム ブロックとして既存の System Generator for DSP デザインにエクスポートします。
  • Vivado HLS へエクスポート: シミュレーションで出力されるテスト ベクターの記録など、アルゴリズムのさらなる最適化に必要なものをすべて自動生成し、アルゴリズムの設計/シミュレーション/検証用の Simulink グラフィカル環境と Vivado HLS 間を関連付ける高度な機能。
  • RTL インターフェイスにマッピングするためのユーザー インターフェイス: 実装用にサポートされている RTL インターフェイス (AXI4-Lite、AXI4-Stream、AXI4-Stream Video、FIFO、ブロック RAM) やビデオ フォーマット (AXI4-Stream Video) にユーザー デザインの入力や出力をマッピングするための使いやすいグラフィカル インターフェイスです。
  • テストベンチの自動生成: シミュレーションからテスト ベクターの自動記録、および実行可能なデザインと生成されたコードの機能的な同等性を検証するためのテスト ベンチの自動生成。

資料

機能カテゴリやワークロードで目的の資料を検索およびフィルタリング

デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付

ビデオ

ビデオの検索およびフィルタリング

デフォルト デフォルト タイトル 日付