UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

このページをブックマークに追加

Vivado の迅速な検証ソリューション

プログラマブル デバイスの複雑性が増すにつれて、高品質で迅速な検証のクロージャがより重要になっています。今日の複雑なデバイスの検証課題を解決するには、さまざまな設計レベルで多数のツールとテクノロジが必要です。Vivado®Design Suite はこれらのツールとテクノロジを統合した環境を提供し、ブロック レベルおよびチップ レベルのデザインを迅速に検証できます。

Vivado Design Suite の中心となる検証エンジンは、混在言語シミュレータとハードウェア デバッグ ツールです。これらの高性能かつ高機能検証ツールにより、設計者は短時間で問題を特定することが可能になります。デバッグの時間と労力をさらに削減するため、Vivado Design Suite は標準インタフェース プロトコルの検証 IP を提供しています。さらに、Vivado®Design Suite は、サードパーティのシミュレータを統合してシミュレーション フローを自動化できるため、最先端デザインで求められる検証要件に応える能力を備えています。

rapid-verification-solution

検証 IP

SoC の設計で業界標準インタフェースの使用は一般化していますが、標準インタフェース プロトコルのモデリングは依然として非常に時間がかかり、困難な作業です。検証 IP (VIP) は、標準インタフェースの検証を加速する再利用可能なコンポーネントです。これらの VIP は柔軟なアーキテクチャをベースに構築されているため、どの検証環境にも簡単に適応できます。また、主要シミュレータに対応しており、ザイリンクスのお客様には無償で提供しております。

詳細:

Vivado シミュレータ

画期的な Vivado シミュレータは、Vivado Design Suite に含まれる主要ツールです。この混在言語シミュレータは、論理シミュレーションとタイミング シミュレーションの両方をサポートし、優れたデバッグ機能を提供します。シミュレータには、コンパイル時間を大幅に短縮するために、インクリメンタル コンパイルやプリコンパイル済み IP などの機能があります。Vivado シミュレータを使用すると、ブレークポイントとクロスプロービング機能を使用したデザインのデバッグが容易になり、高度な波形ビューアでは大量のデータをすばやく読み込むことができます。

詳細は、Vivado シミュレータを参照してください。

シミュレーション フロー

Vivado Design Suite は、企業が検証に使用することを目的とするため、主要 HDL シミュレータをすべてサポートしています。シミュレーション フローは、対話型シミュレーションとスクリプト駆動型シミュレーションの両方に対応しており、IP、RTL、IP インテグレーターなどのすべての Vivado 環境をサポートするように統合されています。シミュレーション フローは、ザイリンクスの Tcl ストアに対応しているため、Vivado 環境にサード パーティ ツールを簡単に統合できます。

詳細は Vivado シミュレーション フローを参照してください。

Vivado ハードウェア デバッグおよびプログラミング

Vivado のハードウェア デバッグ機能やプログラミング機能は、ユーザーが今日の複雑な設計に取り組むための正しいツールを提供します。これらの機能は、設計操作やシステム内のその他の部分との相互作用に役立つ可視性を提供します。問題を素早く解決することで、ユーザーは生産性を高め、デザインのデバッグ作業を効率化します。

豊富な IP、フロー、ツールが統合され、設計サイクルのさまざまな段階でデザインの特定部分をプロービングできるコヒーレントなデバッグ環境が提供されます。内部ネット、トランシーバー、ハードブロック、メモリ インターフェイスの低レベル デバッグから IP ブロックのインターフェイス レベル デバッグ、インクリメンタル デバッグ フロー、さらには PCIe またはイーサネットによるデザインのリモート デバッグなど、ツール環境に統合された高度な手法と技術により、1 日のデバッグ効率が向上し、ユーザーの正確なニーズを満たすことができます。

詳細は、Vivado ハードウェア デバッグを参照してください。

仮想エミュレーション

ザイリンクスのオープン ソース仮想エミュレーション プラットフォーム QEMU は、システム開発に有効なツールです。ケーブルやボードを使用せずに早期にモデル化し、統合を続けることができます。QEMU を使用すると、ソフトウェア スタック、SoC/ペリフェラル、プログラム可能な IP、ボード デバイスなどを含むシステム全体をエミュレートできるため、システムの動作の正確性早期に検証できます。

詳細は、仮想エミュレーションを参照してください。