Dynamic Function eXchange Bitstream Monitor

概要

製品説明

Dynamic Function eXchange (DFX) Bitstream Monitor を使用することで、デザイン内のパーシャル ビットストリームを識別できるようになります。これらの情報に基づいて、デバッグやビットストリームの読み込み停止など、システム アプリケーションを管理できます。コアは、パーシャル ビットストリーム内のキー プレースに埋め込まれた識別子を抽出して報告します。この情報は、ILA コアを使用して Vivado HW デバッガーに渡すことができ、フェッチされたパーシャル ビットストリームを特定し、完全な形でビットストリームがフェッチされたかどうか、またデータパスを介してどこまで転送されたかを調べることができます。

このコアは、すべてのリコンフィギャラブル モジュールがコントローラーによって把握されたエンクローズ システムを対象としています。オプションの AXI4-Lite レジスタ インターフェイスを使用することで動作中にコアを再構成できるようになるため、運用中にリコンフィギャラブル モジュールを変更する可能性のあるシステムにも適用可能です。コアは、仮想ソケット数、仮想ソケット内のリコンフィギャラブル モジュール数、動作、およびインターフェイスに関して、ユーザーが指定できます。


主な機能と利点

  • ICAP、AXI4MM (部分的サポート)、AXI4-Lite、Generic データパスをサポート
  • パーシャル ビットストリームはコンフィギュレーション エンジンで追跡可能
  • ライブ情報とバッファーに格納された情報
  • 信号または AXI4-Lite インターフェイス経由で制御
  • オプションの AXI4-Lite ステータス (信号ステータスは常に有効)

サポート

資料
デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付