ETRNIC

ETRNIC IP (Embedded Target NIC) は、Vivado 2018.3 から ERNIC IP の一部として提供しております。
イニシエーター機能を追加し、シングル IP にターゲットとイニシエーターを統合しているため、IP 名が変更されました。
名称変更により、ご不便をおかけ致しますことをお詫び申し上げます。

概要

製品説明

ETRNIC (ザイリンクス エンベデッド ターゲット RDMA 対応NIC) IP は、RoCE v2 (RDMA over Converged Ethernet) 対応 NIC 機能のターゲットのみ実装するものです。パラメーターで制御できるこのソフト IP コアは、ザイリンクスのさまざまなハード/ソフト MAC IP インプリメンテーションと連動可能であり、標準イーサネット上で高スループットかつ低レイテンシな上にハードウェア全体の負荷を軽減する信頼性の高いデータ転送ソリューションを提供します。また、RoCE v2 トラフィックを実行している複数のリモート ホストへの同時接続が可能になります。

Vivado 2018.3 の ETRNIC IP にアクセスするには、ザイリンクスのセールスまたは、FAE チームにご連絡ください。


主な機能と利点

  • エンドポイント RDMA 機能のサポート
    • RoCE v2
    • エラー時のパケット再送
  • 100Gb データ パス
  • ハードウェア ベースの信頼性のある接続
  • ユーザー インターフェイスにおけるハードウェア ハンドシェイク
  • 入力される RDMA SEND に対応、アトミック操作には非対応
  • 出力される RDMA SEND/RDMA、READ/RDMA WRITE に対応、入力される RDMA READ および RDMA WRITE には非対応
  • 127 RDMA キュー ペアまで拡張可能
  • IPv4 および IPv6 パケットに対応

リソース使用率


サポート

資料
デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付