Zynq Bus Functional Model (BFM)

概要

AXI BFM は 2016 年 12 月 1 日付けで販売を中止いたしました。既存の AXI-BFM ライセンスは永久的に有効ですが、Vivado 2016.4 リリース以降ではサポート対象外となります。

Zynq BFM は、CY2017 のザイリンクス Zynq Verification IP に置き換えられます。詳細は、最寄りのザイリンクス販売代理店へお問い合わせください。

製品説明

Zynq®-7000 SoC BFM (Bus Functional Model) では、Zynq-7000 ベース アプリケーションの論理シミュレーションがサポートされます。PS-PL インターフェイスやプロセッサ システム (PS) ロジックの OCM/DDR メモリを再現して、プログラマブル ロジック (PL) の論理的検証を可能にします。この BFM は、暗号化された Verilog モジュールのパッケージとして提供されます。BFM の動作は、Verilog 構文ファイル内の Verilog タスクのシーケンスを使用して制御されます。


主な機能と利点

  • ピン互換性のある Verilog ベースのシミュレーション モデル
  • すべての AXI インターフェイスをサポート
  • AXI 3.0 準拠
  • 分散メモリ モデル (DDR 用) および RAM モデル (OCM 用)
  • Verilog タスク ベースの API
  • Vivado® Design Suite に含まれる
  • ブロッキングおよびノンブロッキングの割り込みサポート
  • AXI BFM モデルのライセンスが必要

AXI BFM IP 用の評価ライセンスはありません。


サポート

資料
デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付