XUP PYNQ-Z1

概要

PYNQ - Python を使用した Zynq 設計

PYNQ は、Zynq Systems on Chip (SoC) を使用してエンベデッド システムを簡単に設計することをサポートするザイリンクスのオープンソース プロジェクトです。Python 言語とライブラリを使用することで、Zynq のプログラマブル ロジックとマイクロプロセッサを最大限に活用して、さまざまな機能を備えたエンベデッド システムを構築できます。

内容

  • ZYNQ XC7Z020-1CLG400C SoC 搭載 PYNQ-Z1 ボード

その他に必要なもの

  • PYNQ イメージと 8GB SD カード
  • Micro-USB ケーブル 
  • イーサネット ケーブル 

Zynq-7000 SoC の特長

  • CoreSight™ テクノロジを持つデュアル ARM® Cortex™-A9 MPCore™
  • 32kB 命令/32kB データ (各プロセッサに L1 キャッシュ)
  • 512KB の統合された L2 キャッシュ
  • 256KB オンチップ メモリ
  • 2x UART、2x CAN 2.0B、2x I2C、2x SPI、4x 32b GPIO
  • 2x USB 2.0 (OTG)、2x Tri-mode Gigabit Ethernet、2x SD/SDIO オンチップ ペリフェラル
  • 85K ロジック セル (13300 ロジック スライス、各スライスには 4 つの 6 入力 LUT と 8 つのフリップフロップがある)
  • 630KB 高速ブロック RAM
  • 4 つの CMT (クロック マネージメント タイル)、各 CMT には PLL (位相ロック ループ) がある
  • DSP スライス (220 個)
  • 450MHz を超える内部クロック周波数
  • 12 ビット 1 MSPS のオンチップ A/D コンバーター (XADC) (2 個)
ハードウェア

主な機能

機能 詳細
FPGA
  • Zynq-7000 SoC XC7Z020-1CLG400C
I/O インターフェイス
  • USB-JTAG プログラミング回路
  • USB OTG 2.0
  • USB-UART ブリッジ
  • 10/100/1G イーサネット (x1)
  • HDMI 入力
  • HDMI 出力
  • パルス密度変調 (PDM) 出力付きエレクトレット マイクロフォン
  • 3.5mm モノラル オーディオ出力ジャック、PWM (パルス幅変調) 方式
メモリ
  • 512Mbyte DDR3
  • 128Mbit Quad-SPI フラッシュ
  • Micro SD カード コネクタ
スイッチおよび LED
  • スライド スイッチ (x2)
  • RGB LED (x2)
  • LED (x4)
  • プッシュ ボタン (x4)
クロック
  • PL 用 125MHz (x1)
  • PS 用 50MHz (x1)
拡張ポート
  • Pmod ポート (x2)
  • Arduino シールド (x1)
  • GPIO (x16)
  • XADC にシングルエンド 0-3.3V アナログ入力 (x6)
  • XADC に差動 0-1.0V アナログ入力 (x4)
ツールおよび IP
PYNQ イメージをダウンロード PYNQ イメージはブート可能な Linux イメージです。pynq の Python パッケージとその他のオープンソース パッケージが含まれています。
Vivado Design Suite: WebPack Edition ザイリンクスの Vivado® Design Suite は、デバイス設計をサポートすることを目的として開発された IP とシステムを中心とするデザイン環境です。WebPACK™Edition は無料でダウンロードして Vivado の機能を使用いだけます。基本のオーバーレイに変更を加えたり、新しくオーバーレイを作成できます。
資料およびデザイン

資料

その他の情報および参考資料