エンコーダー/デコーダー

ビデオ品質、コスト、消費電力、
レイテンシのトレードオフが可能

概要

ビデオやオーディオのさまざまなエンコーダー、デコーダー、トランスコーダー技術は、取得から表示までのブロードキャストおよび業務用の音声/映像配信チェーンで利用されています。アプリケーションによって、異なるコーデック パラメーターを使用することが重要になります。たとえば、配信エンコーディングではビデオ品質が重要ですが、ワイヤレス ビデオ カメラではレイテンシが重要になります。一般的に、すべてのアプリケーションのコーデック開発者は、消費電力、熱、コスト、フォームファクター、ビデオ品質、レイテンシ、チャネル密度の間でトレードオフを考える必要があります。これがカメラ出力のコーデックの場合でも、プライベート クラウドのソフトウェア ベース コーデック アクセラレータの場合でも、プログラマブル プラットフォームは、プロフェッショナル市場でこれらのトレードオフを効率的に判断できる唯一の方法です。

さまざまなビデオ/オーディオ コーデックと共にさまざまなインターフェイス規格を統合でき、トレードオフによる差別化を可能にするプラットフォームとなるザイリンクスの FPGA および SoC は理想的なソリューションです。さらに、Zynq® UltraScale+™ MPSoC には、H.265/H.264 4K ビデオ コーデックや高度なグラフィックス機能などが統合されているため、次世代エンコーダー/デコーダーの要件にも対応できます。

デザイン サンプル 説明

クリックして拡大表示

エンコーダー/デコーダー

  • コーデック IP コア (統合されたコーデック機能) を選択できるため、品質、レイテンシ、コスト、消費電力のトレードオフが可能になり、アプリケーションに応じた統合ソリューションやアクセラレーション エンジンを提供
  • ベースバンド ビデオ/オーディオ インターフェイス、PCI Express® および IP トランスポート プロトコル向けの IP コアとクラス最高のトランシーバー技術で、Any-to-Any コネクティビティが可能になる
  • システム管理とオーディオ処理用 ARM® プロセッサ (ホスト CPU の処理をオフロード)
資料

資料

デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付
トレーニングとサポート
ビデオ

オンライン ビデオ


すべてのビデオ

Adaptable Advantage Blog