ビデオ プロセッシング カード

UHD 解像度以上に対応するリアルタイム ビデオ処理

概要

システム インテグレーターは、異なるプロトコル間をブリッジしたり、ブロードキャスト システム用ソリューションを構築するとき、あるいはイベント用に多様な A/V 製品をつなぎ合わせるときに、装置間のビデオ フォーマットを変更する必要があります。ザイリンクスは、豊富な IP 製品ポートフォリオ、リファレンス デザイン、およびハードウェアを提供しているため、市場投入期間を短縮し、ASSP や GPU では不可能な性能、差別化、統合を可能にします。

アップ/ダウン/クロス コンバーターは、主にビデオ データの処理およびスケーリングを実行し、異なる色空間とアスペクト比において SD/HD/4K 間でフォーマットを変更するため、SDI、HDMI、および DisplayPor などの多様なコネクティビティ インターフェイスを統合しています通常、ビデオ プロセッシング カードには、さまざまなアルゴリズムが含まれていますが、一般的にはコネクティビティ インターフェイスで統合されたマルチチャネルのビデオ プロセッシング パイプラインが含まれています。また、多くの場合にはプロダクション環境でホスト プロセッシングへアクセスするための PCIe ストリーミング DMA が含まれています。

ザイリンクスおよびそのパートナー企業は、Kintex® FPGA 以降のデバイスで可能な 4K 対応のマルチチャネルを備えた、これらのすべての機能用に多数の構築ブロックを提供しています。

デザイン サンプル 説明

クリックして拡大表示

ビデオ プロセッシング カード

  • リアルタイムのブロードキャスト品質マルチチャネル/マルチビュー ビデオ処理、および最大 4K UHD 以上のアップ/ダウン/クロス コンバージョン
  • ベースバンド ビデオ/オーディオ インターフェイス、PCI Express® および IP トランスポート プロトコル向けの IP コアとクラス最高のトランシーバー技術で、Any-to-Any コネクティビティが可能になる
  • システム管理とオーディオ処理用 ARM® プロセッサ (ホスト CPU の処理をオフロード)
資料

資料

デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付
トレーニングとサポート
ビデオ

オンライン ビデオ


すべてのビデオ