UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

このページをブックマークに追加

All Programmable コスト最適化 ポートフォリオ

最も広範なコスト最適化ポートフォリオ

4K2K ディスプレイ用 HDMI インターフェイス、携帯型超音波装置の RX ビームフォーマー、あるいはモバイル バックホール全体の SoC ソリューションのいずれの設計においても、低コストかつ低集積のプログラマブル ソリューションを要求するアプリケーションは、さまざまなレベルでの統合、性能、および消費電力を可能にする、幅広い機能セットを求めるようになりました。

ザイリンクスの All Programmable コスト最適化ポートフォリオには、特定機能に最適化された 4 つのファミリがあります。

  • I/O に最適化したSpartan®-6 FPGA
  • 単位ワットあたり最高性能を提供する I/O に最適化した Spartan-7
  • トランシーバーに最適化し、最高の DSP 帯域幅を提供する Artix®-7 FPGA
  • スケーラブルなプロセッサの統合でシステム全体の最適化を可能にする Zynq®-7000 All Programmable SoC

 

cost-optimized

主なアプリケーション例

コスト最適化ポートフォリオの性能比較

  Spartan-6 FPGA
Spartan-7 FPGA Artix-7 FPGA Zynq All Programmable SoC
Z-7007S, Z-7012S, Z-7014S, Z-7010, Z-7015, Z-7020
ロジック セル 150K 100K 215K 85K
ブロック RAM 4.8MB 4.2Mb 13Mb 4.9Mb
DSP スライス 180 160 740 220
トランシーバー数 8 -- 16 4
トランシーバー スピード 3.2Gb/s -- 6.6Gb/s 6.6Gb/s (Z-7012S, Z-7015)
メモリ インターフェイス (DDR3)             800Mb/s           
800Mb/s 1,066Mb/s 1,066Mb/s
PCI Express インターフェイス Gen 1x1 -- Gen 2x4 Gen2x4 (Z-7012S, Z-7015)
アナログ ミックスド シグナル (AMS)/XADC -- デュアル 12 ビット 1MSPS ADC (オンチップの温度/電圧センサー付き)
I/O ピン 576 400 500 328
I/O 規格のサポート
(40 以上のプロトコルをサポート)
LVDS、Mini-LVDS、Diff HSTL、Diff SSTL、DisplayPort、XAUI、CPRI/OBSAI,
V-by-One、Triple Rate SDI、6G-SDI (Artix-7 FPGA/Zynq-7000 AP SoC)

その他の Zynq-7000 All Programmable SoC 仕様

プロセッサ コア

シングル/デュアル コア ARM® Cortex™-A9 MPCore™ (最大 866MHz)

NEON™ および単精度/倍精度の浮動小数点

L1: 各プロセッサ当たり 32KB 命令キャッシュ/32KB データ キャッシュ
L2: 512 KB、256 KB OCM

メモリ インターフェイス DDR3、DDR3L、DDR2、LPDDR2、2x Quad-SPI、NAND、NOR
ペリフェラル 2x UART、2x CAN 2.0B、2x I2C、2x SPI、4x 32b GPIO、2x USB 2.0 (OTG)、2x Tri-mode Gigabit Ethernet、2x SD/SDIO

開発者ゾーン

設計時間を短縮し、デザインの拡張性と再利用にも対応できることを目指す FPGA 設計者向けに、ザイリンクスは C ベースのデザイン アブストラクションからプラグアンドプレイ IP に至るまで、包括的なソリューションを提供しています。これらを使用することによって、ハードウェア開発、システム レベルの統合、およびインプリメンテーションでのボトルネックに対応できます。