ザイリンクス プラットフォームで構築したサムスン社の SmartSSD CSD で実現するビッグデータ向けのアクセラレーション

AI、機械学習、および分析アプリケーションでは、膨大なデータセットへ高速アクセスできることが不可欠ですが、ビッグ データには、ストレージの問題も付随してきます。データを保存する場所やその保存方法は、データそのものと同じくらい重要です。 ザイリンクスのアクセラレーションおよび IP ソリューションのディレクターである Sebastian Turullols は、ザイリンクスのアダプティブ プラットフォームを採用したサムスン社の SmartSSD® CSD のアーキテクチャについて説明し、データの近くに演算機能を配置することで、データ処理重視アプリケーションの処理能力を 10 倍以上に高速化させることができることを説明しています。