XPS で Vivado HLS、C++、System-C ベースの Pcore を使用 (英語版)

IP ブロックとして保存された Vivado HLS デザインを Xilinx Platform Studio やソフトウェア開発キットへ統合する方法について説明しています。Vivado HLS を pcore IP として保存でき、Xilinx Platform Studio を使用してエンベデッド システムへ簡単に統合できることを示しています。また、このビデオでは、IP 用のソフトウェア ドライバーを生成する方法、およびこれらのドライバーを使用することによって SDK でのソフトウェア開発が高速化し、迅速なシステム構築が可能になることを説明しています。