UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

ザイリンクス製品と H-ROS によるロボットのモジュール化

ロボット工学におけるシステム統合は非常に時間がかかり、厳しい要件に対応する必要がある面倒な作業です。基本的に ROS (Robot Operating System) でロボット用のプログラミング ニーズには対応できますが、システム統合は別の問題です。モジュール化することによって、統合作業を軽減できますが、それには新たな課題が生じます。このウェビナーでは、Acutronic Robotics 社がザイリンクスのプログラム可能な SoC 技術とザイリンクスの産業用 IoT ソリューション スタックのエレメントを使用して、モジュール化の課題に対応する方法を説明します。先日、Acutronic Robotics 社は、モジュール式のロボット ハードウェアを作成するための標準化されたソフトウェア/ハードウェア エンベデッド プラットフォーム H-ROS (Hardware Robot Operating System) を発表しました。ロボット工学にモジュール方式をもたらす画期的なハードウェア デバイス「H-ROS SoM」について焦点を当てて説明します。Zynq®-7000 SoC ファミリとザイリンクスの TSN (Time Sensitive Networking) Subsystem IP コアを搭載した業界初モジュラー式ロボットと、メーカー間でのロボットのモジュラー化を可能にする技術を紹介します。

このウェビナーの内容は以下のとおりです。

  • ロボット工学の洞察と展望
  • ROS2.0、機械学習、TSN、およびその他の高度な技術を搭載した H-ROS SoM
  • あらゆる種類のロボット (特に協調ロボット (コボット)) におけるロボット コンポーネントを統合する場合の新しいパラダイム
  • 新しい「MARA」コボットの機能
  • 特別期間限定で提供される TSN デザインを今すぐ開始できるハードウェア/IP/デザイン ファイル
このページをブックマークに追加