UPGRADE YOUR BROWSER

We have detected your current browser version is not the latest one. Xilinx.com uses the latest web technologies to bring you the best online experience possible. Please upgrade to a Xilinx.com supported browser:Chrome, Firefox, Internet Explorer 11, Safari. Thank you!

パワーエレクトロニクスおよび電気駆動装置向けの SiC 3 レベル インバーターおよび Finite-Set MPC

パワーエレクトロニクスの研究における主な課題の 1 つは、モジュラー マルチレベル変換器 (MMC) などの新しいトポロジをすばやく開発することです。新しいトポロジは、ステート数やスイッチングの組み合わせが増加して性能が向上しますが、計算も複雑化します。 もう 1 つは、一般的に使用されるトポロジの新しい制御ストラテジを開発することです。磁界方向制御 (Field Oriented Control、FOC) などの従来の制御コンセプトは、より複雑な制御アプローチが求められ、これまであまり重要視されていなかった新しい目標を含めることができます。モデル予測制御 (MPC) は、物理的な限界を考慮したコンバーターの操作を可能にします。制御目標によって異なりますが、効率性が向上し、より動的なステップ応答、またはさらなる基準の制御が可能になります。一般的に、MPC では、数マイクロ秒の時間間隔で複雑な計算が処理されるため、計算負荷が高くなります。 このウェビナーでは、リアルタイム性を確保するために Zynq SoC または MPSoC を利用してこのような複雑なアルゴリズムを実装する方法を説明します。

このウェビナーでは、パワーエレクトロニクス向け MPC の原理について説明しています。

  • 永久磁石同期機向けの MPC
  • Zynq®-7000SoC をベースとする MPC
  • PYNQ および SPYN をインターフェイスとして利用する MPC
  • MPSoC Zynq®-UltraScale+ で将来的なトレンドに対応
このページをブックマークに追加