Video Deinterlacer

概要

重要なお知らせ:

2019.1 で廃止となるため、新規デザインでの使用は推奨されません。

代替製品は、無償ライセンスの IP として Vidado に含まれる LogiCORE Video Processing Subsystem です。

製造中止通知 XCN18017 を参照してください。

製品説明

ザイリンクスの高品質ビデオ画像処理プロセッシングで、迅速に市場参入が可能です。

ザイリンクスは、迅速に市場参入できるよう高品質のビデオ デインターレーサー コアを提供しています。

ザイリンクスの Video Deinterlacer は、ライブで受信するインターレースされたビデオ ストリームをプログレッシブ ビデオ ストリームに変換します。このプロセスは、入力されたビデオが Video Deinterlacer を通過すると同時にリアルタイムに処理されます。当然のことながら、インターレースされた画像はインターレースされた1つのフレームを構成している2つのフィールド間で一時的な動きをします。プログレッシブ フォーマットへの変換は、この2つのフィールドを1つのフレームに再度組み合わせし直します。インターレースされたビデオ ストリーム同士の組み合わせだけでは、プログレッシブ フォーマットのアウトプット画像は、見苦しいモーション アーティファクトになります。このため Video Deinterlacer では、他のモーション トラッキングや斜め線補間強化技法を使用して、このアーティファクトを確実に除去します。その結果、高品質のプログレッシブ フォーマットでの出力画像になります。


主な機能と利点

  • 以下を含む業界標準のビデオ エンコーディング、パッキング メソッドに幅広く対応しています:
    • 8、10 または12 bpp (ピクセルあたりのビット数)
    • YUV または RGB カラー スペース (スタティックまたはダイナミック設定可能)
    • 4:2:0、4:2:2 または 4:4:4 パッキング (スタティックまたはダイナミック設定可能)
  • 以下に示す128x128 から 2048x2048 までの高拡張性解像度に対応:
    • 標準 SD フォーマット: 480i、480p、576i、576p
    • 標準 HD フォーマット: 720p、1080i、1080p
    • デジタル シネマ 2K
    • すべての PC 解像度: 640x480、1024x768、1280x1024、1920x1200
  • Progressive Segmented Frames (PSF) と Pull down エンコーディングされたストリームのプログレッシブ パス スルー対応
  • 高いコンフィギュレーションと最小 FPGA フットプリントの最適化可能
  • OSD、VDMA 、ビデオ スケーラーを含む他のザイリンクス ビデオ IP コアの統合を容易に

リソース使用率


サポート

資料
デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付