Versal AI コア シリーズ VCK190 評価キット

作成者: Xilinx, Inc

VCK190 は、Versal AI コア シリーズの最初の評価キットであり、現サーバー クラス CPU の 100 倍以上の演算性能を達成できる AI および DSP エンジンを活用したソリューションの開発を可能にします。豊富な接続オプションと標準化された開発フローでサポートされた VCK190 評価ボードには、 Versal AI コア シリーズ ACAP の VC1902 デバイスが搭載され、クラウド、ネットワーク、およびエッジ アプリケーション向けにポートフォリオ最高の AI 推論性能と信号処理スループットを提供します。

Buy

概要

製品説明

VCK190 は、Versal® AI コア シリーズの最初の評価キットであり、現サーバー クラス CPU の 100 倍以上の演算性能を達成できる AI および DSP エンジンを活用したソリューションの開発を可能にします。

VCK190 評価ボードには、 Versal AI コア シリーズ ACAP の VC1902 デバイスが搭載され、クラウド、ネットワーク、およびエッジ アプリケーション向けにポートフォリオ最高の AI 推論性能と信号処理スループットを提供します。

VCK190 キットは、クラウドやエッジで次のような高スループットの AI 推論および信号処理アプリケーションを構築するのに最適なプラットフォームです。

  • データセンターの演算
  • 5G 無線ビームフォーミング (DFE)
  • ケーブル アクセス (ヘッドエンド)
  • ワイヤレス テスト装置
  • オートモーティブ/ADAS のプロトタイピング
  • A&D レーダー、早期警告システム

主な機能と利点

Versal AI コア シリーズの性能

  • Versal ACAP VC1902 プロダクション シリコンを搭載
  • 現サーバークラス CPU より演算速度を 100 倍以上向上させることができる AI および DSP エンジン
  • パートナー企業が提供する構築済みリファレンス デザインを使用して素早いプロトタイピングが可能

豊富な接続オプションで迅速なアプリケーション開発が可能

  • 高い演算性能を要求する市場向けの PCIe® Gen4 インターフェイス
  • ビデオ処理アプリケーション向け HDMI
  • ネットワーク向け SFP28/QSFP28 光インターフェイスおよび RJ-45 イーサネット ポート
  • DDR4 および LPDDR4 メモリ インターフェイス
  • カメラ センサーやディスプレイなど、さまざまなオプションのプラグイン カードをサポートする FMC 拡張コネクタ

協調最適化ツールおよびデバッグ

  • Vivado® ML Edition、Vitis™ 統合ソフトウェア プラットフォーム、Vitis AI、AI エンジン ツール
  • 高速デバッグ SmartLynq+ モジュール、性能分析、イベント トレース

ザイリンクス デバイス

Versal® AI コア XCVC1902-2MSEVSVA2197 ACAP の特長

AI エンジン 400
DSP エンジン 1,968
システム ロジック セル (K) 1,968
LUT 数 899,840
アプリケーション処理ユニット デュアル コア Arm® Cortex®-A72
リアルタイム プロセッシング ユニット デュアル コア Arm Cortex-R5F
最大 I/O ピン数 770
プログラム可能な NoC ポート 28
統合メモリ コントローラー 4 台
versal-ai-core-chip

製品情報

仕様

ボードの機能

Versal® AI コア XCVC1902-2MSEVSVA2197 ACAP の特長

Versal VC1902 ACAP
ボードの仕様 詳細
長さ 7.477 インチ
高さ 9.5 インチ
PCB 厚さ (+/-8%) 0.066 インチ
動作環境温度 0°C ~ +45°C
ストレージ環境温度 -25°C ~ +60°C
コンフィギュレーション
JTAG
QSPI
Micro SD 2
メモリ
DDR4 DIMM 8GB
LPDDR4 コンポーネント 8GB (4x16Gb)
Micro SD ソケット 16GB
制御および I/O
ユーザー プッシュボタン 6
DIP スイッチ 4
ユーザー LED 4
SYSMON
システム コントローラー
PMBUS
拡張コネクタ
VITA 57.4 FMC+ (1 コネクタあたり 12 個の GTY) 2
PCIe® Gen4 x8 1
通信およびネットワーク
UART-USB ブリッジ 1
CAN-FD ヘッダー 1
RJ-45 トライスピード イーサネット コネクタ 3
SFP28 2
QSFP28 1
ディスプレイ
HDMI ビデオ出力 1
HDMI ビデオ入力 1
クロッキング
プログラム可能な DDR4 DIMM 1
プログラム可能な LPDDR4 コンポーネント 2
PCIe 基準クロック 1
HDMI 1
プログラム可能な zSFP 1
プログラム可能な HSDP 1
プログラム可能な 1588 eCPRI 4
プログラム可能なシステム コントローラー 1
電源
180V (12V) 電源
POR (Power On Reset)
内容

キット内容

Versal® AI コア XCVC1902-2MSEVSVA2197 ACAP の特長

vck190-inside

リソース

資料

主な資料およびチュートリアル


Filter Documentation

Step 1: ボード リビジョン

Step 2 : ツール バージョン

Step 3: ドキュメントを表示

クリックして検索結果一覧を更新
ツール

デザイン ツール

  • Vivado® ML Enterprise Edition: VCK190 ボード用のプロジェクトを作成するための EDA ツール スイートです。ノードロックでデバイスは Versal® AI コア XCVC1902 にロック (1 年間の更新が含まれる)。
  • Vitis™ 統合ソフトウェア プラットフォーム: エンベデッド ソフトウェア開発、Versal デバイスのデバッグ、ターゲット リファレンス デザインやサンプル デザインの実行が可能なソフトウェア スイートです。
  • Vitis™ Model Composer: AI エンジンやプログラマブル ロジック デザインをターゲットとした MathWorks MATLAB® および Simulink 環境向けのモデルベースの設計ツールであり、自動コード生成が可能です。

PetaLinux ツール、ボード サポート パッケージ、構築済みのイメージ

今すぐデモを開始

VCK190 で開発を開始

VCK190 を使用したプロトタイピングおよびアプリケーション開発については、 Wiki ページをご覧ください。

  • 開発準備
  • ボード設定
  • PetaLinux BSP の事前構築済みイメージを実行
  • PetaLinux BSP のサンプル デザインを実行
VCK190 で開発を開始
トレーニングおよびサポート