AXI to APB Bridge

概要

製品説明

AXI (Advanced eXtensible Interface) to APB (Advanced Peripheral Bus) Bridge コアは、AXI4-Lite トランザクションを APB トランザクションに変換します。 これは、AXI4-Lite インターフェイスではスレーブとして、APB インターフェイスではマスターとして機能します。AXI to APB Bridge の主な使用モデルは、APB スレーブを AXI マスターに接続することです。


主な機能と利点

  • AXI4-Lite 仕様ベースの AXI インターフェイス
  • APB インターフェイスは APB3 仕様に基づき、オプションで APB4 の選択をサポート
  • 同期クロック率 1:1 (AXI:APB) をサポート
  • 32 ビット AXI4-Lite で 32 ビット スレーブとして接続
  • 32 ビット APB3/APB4 で 32 ビット マスターとして接続
  • 最大 16 個の APB スレーブをサポート
  • オプションでデータ位相タイムアウトをサポート

リソース使用率


サポート

資料
デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付