Video In to AXI4-Stream

概要

製品説明

Vivado ソフトウェア内に含まれており、追加料金は発生しません。

ザイリンクスの Video in to AXI4-Stream IP コアを利用することによって、AXI4-Stream を使用するビデオ プロセッシング ブロックへ外部ビデオ信号を簡単に接続できます。

Video In to AXI-4 Stream LogiCORE™ IP コアは、一般的なパラレル ビデオ信号 (例:DVI PHY から) を AXI4-Stream インターフェイスに変換します。入力ビデオ信号には、データ、クロック、DE、同期信号 (Vsync と Hsync) が必ず必要で、そのほかにブランキング信号 (Vblank と Hblank) が必要な場合もあります。AXI4-Stream インターフェイスの信号は、AXI リファレンス ガイド (UG761) に定義され、ほとんどすべてのザイリンクス ビデオ IP コアにインプリメントされている AXI4-Stream ビデオ プロトコルに準拠しています。これにより、AXI4-Stream インターフェイスでビデオ プロトコルを使用する後続のプロセッシング ブロック (ザイリンクスのビデオ IP など) へ外部ビデオ ソースを素早く簡単に接続できます。このコアは、ザイリンクスのビデオ タイミング コントローラー (VTC) コアと共に使用して、入力されるビデオ フォーマットの特性を認識します。この入力ビデオ フォーマットは、システム プロセッサで読み出すことが可能であり、後続のプロセッシング ブロックを設定するのに使用されます。コアには、ソース コードが付属しているため、既存コアに含まれていない別のビデオ信号を利用できるように、ユーザーがコアをカスタマイズできます。


主な機能と利点

  • 入力データ幅は 8 ~ 64 ビットに設定可能で、さまざまなビデオ ソース タイプやビデオ データ フォーマット (DVI、サブサンプルされた イメージ センサー データ、モノクロ データなど) での使用が可能
  • AXI4-Stream インターフェイスは、AXI リファレンス ガイド (UG761) に定義されている AXI4-Stream ビデオ プロトコルに準拠しています。
  • サポートされるすべてのデバイス ファミリで 1080P60 ピクセル クロック レートをサポート
  • サポートされる高性能デバイスでは 24Hz クロック レートで 4kx2k をサポート
  • ザイリンクスのビデオ タイミング コントローラー IP と組み合わせて動作することを目的とする
  • ビデオ クロック ドメインと AXI4-Stream クロック ドメイン間を往来して、非同期のクロック バウンダリを扱う

リソース使用率


サポート

資料
デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付