Reed-Solomon Decoder

概要

製品説明

Reed-Solomon Encoder/Decoder は、一般的に放送機器、ワイヤレス LAN、ケーブル モデム、xDSL、衛星通信、マイクロ波ネットワーク、およびデジタル TV などのデータ転送およびストレージ アプリケーションに使用されます。Reed-Solomon Decoder LogiCORE は、G.709、DVB、ATSC、IEES、および CCSDS などの多様なリードソロモン コーディング規格に対応できる、高速かつ小型なモジュールです。このコアは、1 つのクロックを使用する完全同期であり、コード ブロック間のギャップがなく連続した入力データをサポートします。またパラメーター指定可能なため、ユーザーがシンボル サイズ、コード ブロックの長さ、修正エラー数、および制御信号のビヘイビアを指定できます。このデコーダーでは、エラーや消去データのデコーディングが可能です。指定したシンボル幅に対して、任意のプリミティブ フィールド多項式を使用できます。また、修正したエラー数をカウントし、修正されなかったエラーをフラグします。


主な機能と利点

  • IEEE 802.16、DVB-x、G.709、ETSI-BRAN、および CCSDS などの RS コードを使用するほとんどの規格要件に対応できる柔軟な RS デコーダー
  • 1 つのクロックを使用した完全な同期デザイン
  • コード ブロック間にギャップのない連続した入力データをサポート
  • 3 ~ 12 ビットのシンボル サイズをサポートし、指定のシンボル幅で任意のプリミティブ フィールド多項式をサポート
  • コード ブロック長はシンボル 4095 個までサポート
  • ブロックごとにコード ブロック長およびチェック シンボル数を動的に変更可能
  • 短縮コード、エラー/消去デコード、および修正エラー数の指定が可能
  • 修正されたエラーをカウントし、修正されなかったものをフラグ
  • OC-192 などの高速アプリケーションでコアの効率を向上するマルチチャネル インプリメンテーションをサポート
  • IEEE802.16 などの標準規格でコアの効率を向上させるパンクチャ オプションをアップデート
  • 新しいセルフ リカバリ機能
  • 可変チェック シンボル入力を追加
  • ビット エラー統計出力
  • ステータス出力:マーカー ビットによる入力データのタグ付け

リソース使用率


サポート

資料
デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付