Gamma LUT

概要

製品説明

ザイリンクスの LogiCORE™ IP Gamma LUT コアは、画像データを操作してディスプレイ デバイスのレスポンスを適合させるために最適化されたハードウェア ブロックを提供します。このコアは、入力画像データに対してガンマ補正曲線の変換を行うようプログラムされたルックアップ テーブル (LUT) 構造を使用して実装されています。 一般的なアプリケーションには、カメラ センサーやディスプレイ コントローラーからのイメージ センサー キャプチャ システムなどがあります。


主な機能と利点

  • プログラム可能なガンマ テーブルを使用して、ガンマ補正および任意のユーザー指定機能をサポート
  • 3 チャネルの独立型ルックアップ テーブル ストラクチャ
  • 1、2、4、8 ピクセル幅の AXI4-Stream ビデオ インターフェイス

コアは Vivado でインストールされるためライセンスは不要です。

  • 1 コンポーネントあたり 8 ビット/10 ビットをサポート
  • 64x64 から、最高 8192x4320 までの空間解像度をサポート
  • ほとんどのザイリンクス デバイス ファミリで 4K60 をサポート

リソース使用率


サポート

資料
デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付