Fast Fourier Transform

概要

製品説明

高速フーリエ変換 (FFT) は、OFDM ベースのデジタル MODEM から超音波、RADAR および CT 画像再構築アルゴリズムまでのアプリケーションを含む DSP システムで使用される基本的なビルディング ブロックです。 そのアルゴリズムは、簡単に理解されるのですが、インプリメンテーション アーキテクチャの多様性や特異性が非常に高いため、ハードウェア エンジニアはかなりの時間を費やすことになります。

FFT LogiCORE™ IP コアは、システム レベルの固定小数点 C モデルのほかに 4 つの異なるアーキテクチャを提供し、通常 3-6ヶ月かかるインプリメンテーションをボタンを一つの操作で簡単に行えるようサポートします。また、DSP アルゴリズム開発者とハードウェア エンジニアの両者の要求を満たすよう、必要なすべてのアルゴリズムとインプリメンテーションのトレードオフも行うことができます。このようなトレードオフによって、ユーザーは、アプリケーションで必要とされる具体的なポイント サイズと変換時間を決定するために、リソースと電力の効率が最も良いソリューションを選択できるようになります。

FFT LogiCORE は、データおよびフェーズ ファクタ幅のサポートを最大 34 ビットにまで増加し、IEEE 単精度浮動小数点データ タイプをサポートして、広範なダイナミック レンジに焦点を拡大します。内部で精度の高い固定小数点 FFT を使用して、浮動小数点オプションが実行されると、大幅に少ないリソースでフル浮動小数点のインプリメンテーションと同じノイズ パフォーマンスを達成できます。


主な機能と利点

  • AXI4-Stream 準拠のインターフェイス
  • 正および逆の複雑な FFT (ランタイム中にプログラム可能)
  • 変換サイズ n = 2m、m = 3 - 16
  • データ サンプルの精度 bx = 8 - 34
  • 位相因子の精度 bx = 8 - 34
  • 演算の種類 :
    • スケーリングされていない (完全精度) 固定小数点
    • スケーリングされた固定小数点
    • ブロック浮動小数点
  • 固定小数点または浮動小数点インターフェイス
  • バタフライ演算後に切り上げまたは切り捨て
  • データおよび位相要因を格納する分散型 RAM のブロック RAM
  • オプションで変換サイズのポイントをランタイム中にプログラム可能
  • スケーリングされた固定小数点コアのスケーリング スケジュールをランタイム中にプログラム可能
  • ビット/数字が逆または正の出力順序
  • オプションでデジタル通信システムにサイクリック プレフィックスを前置
  • 4 つのアーキテクチャ オプションによって、コア サイズと変換時間のトレードオフが可能
  • システム モデリング用に Bit-Accurate (ビット アキュレート) C モデルおよび MEX 機能がダウンロード可能

リソース使用率


サポート

資料
デフォルト デフォルト タイトル ドキュメント タイプ 日付