Alveo U200 (2019.1 XDMA) パッケージ ファイル ダウンロード

2019.1 XDMA

オンプレミスでアプリケーションを運用する場合の Alveo U200 のセットアップ

U200 アクセラレータ カードでアプリケーションを運用する場合は、手順 1 と 2 に従ってください。

1.

Download the Xilinx Runtime

The Xilinx runtime (XRT) is a low level communication layer (APIs and drivers) between the host and the card.

IMPORTANT: Please enter the following command before installing the XRT: 

RedHat:

sudo yum-config-manager --enable rhel-7-server-optional-rpms

sudo yum install -y https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-7.noarch.rpm

CentOS:

sudo yum install epel-release


独自の Alveo U200 アクセラレータ アプリケーションを構築

開発者の方は、これらの追加ファイルをダウンロードし、入門ガイドに従ってインストールしてください。

4.

Download SDAccel Design Environment

The Xilinx SDAccel IDE provides a framework for developing accelerated applications.